お知らせ

2021年10月12日

コロナ禍における人との距離とオーラルケアに対する意識と行動に関する調査
意識や行動に変化!6割以上がコロナ終息後、マスクを外して人と会話をする際「自身の口臭が気になる」と回答。専門家に聞く、根本的な口臭ケアのポイント

 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、「マスク着用によるオーラルケアに関する意識と行動」にフォーカスを当てて、20代~50代の働く男女を対象に「コロナ禍における人との距離とオーラルケアに対する意識と行動に関する調査」を実施しました。
 その結果、人との距離感やオーラルケアに対する意識と行動に変化が見えるとともに、約半数が自身の口臭について「根本的なケアができている」と考えている一方、7割以上が「口臭について気になること」を回答しています。また、コロナ終息後、マスクを外して人と会話をする際に「自身の口臭が気になる」と回答した人は6割を超えます。
 これらの調査結果を踏まえ、現在、東京医科歯科大学非常勤講師であり、複数の歯科クリニックで診療を行っている照山裕子先生に、根本的な口臭ケアについて解説いただきます。

口臭に悩む人のイメージTOPIC1:コロナ禍による距離感の変化
・7割以上が、コロナ禍において人との距離を意識するようになっている
・人と会話をする際に「心地よい」と感じる距離については、「1.5m」以上の回答がコロナ禍以前に比べ増加

TOPIC2:コロナ禍による、オーラルケアに対する意識や行動に変化
・マスク生活で、4割以上が「オーラルケアへの興味・関心が高まった」と回答
・3人に1人は「オーラルケアにかける金額と時間のいずれかは増えた」と回答

TOPIC3:自身の口臭ケアについて
・約半数が、自身の口臭について「根本的なケアができている」と考えている
・一方、7割以上が「口臭について気になること」を回答
・コロナ終息後、マスクを外して人と会話をする際に「自身の口臭が気になる」と回答した人は6割以上

歯科医 照山先生に聞く“コロナ禍における根本的な口臭ケア”のポイントとは
調査結果をもとに、根本的な口臭ケアについて解説いただきます。
・口臭の原因を把握し、的確なセルフケアを
・口臭ケアのポイントは「歯のすき間まで、意識して歯みがきができているかどうか」
・マスク生活による口呼吸は、口内が乾き「口臭の原因」に
・自身の体調に合わせたケア用品を選び、日頃から口内への意識を持つことが大切

詳しくはこちら(PDF)


 第一三共ヘルスケアは、第一三共グループの企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考え方のもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。
 現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、コーポレートスローガン「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」を掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。
 こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。
※第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています


Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ