お知らせ

2021年7月19日

〈2021年 夏〉マスク生活2年目の夏が到来
肌トラブルを感じている人が昨年の1.6倍に!
コロナ禍2年目の夏は、お肌の“うるおい勘違い”に要注意
“混合肌悩みが深刻化”
する可能性も

皮膚科医スキンケア研究開発部員に聞いた、コロナ禍2年目のスキンケア対策は?

 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、昨年に引き続き「コロナ禍でのマスク着用と肌に関する調査」を実施しました。その結果、肌トラブルを感じている人が昨年の1.6倍に増加したことが明らかになりました。
 マスク生活の肌悩みのトップは「マスク下の蒸れ」。女医によるファミリークリニック 院長 竹中美恵子 先生は、「マスク蒸れで肌は保湿されていると勘違いしてしまう“うるおい勘違い”に注意が必要」と指摘します。
 調査の結果からも6割の人が、マスク蒸れで“うるおい勘違い”をしていることが明らかになりました。さらに“混合肌悩みの増加・深刻化”の進んでいる傾向も見られたことから、肌をしっかり“保湿”することが、今夏のスキンケアのポイントになるといえます。
 これらの調査結果を踏まえ、第一三共ヘルスケア 研究開発部の山崎春佳が、夏のマスク生活におけるスキンケアのポイントについて解説します。

TOPIC1.コロナ禍2年目で、肌トラブルが1.6倍に!
《調査結果》コロナ禍2年目の肌変化
◆20~40代男女の肌トラブルは増加傾向。昨年調査結果と比較すると約1.6倍に。敏感肌を感じている人も約1.4倍になった。
◆男女共に肌全体の力の衰えや肌の老化を実感、4割以上が肌力の低下を感じ、約5割が老化を実感。
 *肌力:本来肌が持つ力のこと

TOPIC2.“うるおい勘違い”に要注意。混合肌悩みが深刻化する可能性も
竹中美恵子 先生《調査結果》マスク着用による肌悩みと意識&皮膚科医インタビュー
◆マスクの着用による肌の悩みのNo.1は“マスク蒸れ”。85%以上の人が悩んでいる。
◆勘違いしやすい「マスク蒸れ=肌の水分量」。“うるおい勘違い”をしている人が約6割も存在。
◆マスク下で混合肌が増加!? “うるおい勘違い”が、混合肌悩みの深刻化を生んでいる!?
◆夏の保湿をおろそかにすると、肌トラブルが深刻化する可能性も。
 女医によるファミリークリニック 院長 竹中美恵子 先生

TOPIC3.マスクの刺激で深刻化しやすい混合肌を「落とす」「与える」「守る」でケア
山崎春佳研究者に聞く今夏のスキンケア対策のポイント
◆《落とす》汚れを落とすときは、刺激に注意。洗い流しは、「落ちたかな」プラス2~3回で。
◆《与える》肌あれが、インナードライのサインの可能性も。日中もしっかり保湿ケアを。
◆《守る》マスクで日焼け止めも落ちやすく。日中の塗り直しでしっかりUV対策を。

詳しくはこちら(PDF)


 第一三共ヘルスケアは、第一三共グループの企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考え方のもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。
 現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、コーポレートスローガン「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」を掲げ、その実現に向けて取り組んでいます。
 こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。
※第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています


Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ