お知らせ

2021年4月19日

<2021年 春>紫外線シーズン 到来
家の中なのに浴びている?おうち時間増加で注意したい
イエナカ紫外線
紫外線の専門家スキンケア製品の開発担当者に聞いた、家での対策は?

 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)が行った「おうち時間と紫外線対策調査」において、家の中に侵入する紫外線(「イエナカ紫外線」)を浴びるリスクが拡大していることが明らかになりました。これについて、東海大学工学部准教授の竹下 秀先生は、「イエナカ紫外線」の正体はUV-Aで、軽視すべきではないと述べます。さらに、第一三共ヘルスケア研究開発部の土岐 珠未が家の中での紫外線対策のポイントについて解説します。

竹下 秀先生TOPIC 1.在宅勤務で紫外線のリスクにさらされる女性の実態が明らかに
調査結果に見る女性の在宅勤務
◆20~40代女性の在宅時間は平日、休日ともに増加。3人に1人が「在宅勤務を経験」。在宅勤務をする場所は、直射日光が差し込む割合が高い「リビング」または「ダイニング」。
◆窓があるメリットは「換気ができる」「閉塞感がない」など。在宅勤務をする女性の約7割が在宅勤務で「太陽光は必要」と回答。

イエナカ紫外線TOPIC 2.「イエナカ紫外線」、その正体は窓ガラスを透過するUV-A
紫外線の専門家にインタビュー
◆紫外線量は年々増加傾向に。大気がきれいになっているから?!
◆屋外だけじゃない。UV-Aは家屋の一般的な窓ガラスを透過し家の中にも侵入。
 (東海大学 工学部 光・画像工学科 准教授 竹下 秀 先生)

TOPIC 3.「イエナカ紫外線」に無防備な実態が浮き彫りに
調査結果が示す在宅時紫外線対策の実態
◆7割の女性が「イエナカ紫外線」対策の必要性を意識。
◆家の中では紫外線に対して無防備な人が多いことが判明。
◆「イエナカ紫外線」については、「知ってはいるが対策まではしていない」というのが実態。

TOPIC 4.UV-Aの脅威、軽視せずに対策を
紫外線の専門家がアドバイス
◆紫外線対策は夏を待たずに行うことが重要。紫外線のリスクは未知数だからこそ注意。
◆紫外線対策の基本は、とにかく“浴びる量を減らす”こと。

土岐 珠未TOPIC 5.見落とされがちなノーメイクのときこそ紫外線対策は欠かさずに
開発担当者に聞く「イエナカ紫外線」対策のポイント
◆肌の奥深くにも到達するUV-Aの悪影響。最新の研究報告とは?
◆見落としがちなスキンケア、ノーメイクのときこそ紫外線対策に気を配りましょう。
◆汗やマスクの擦れなどで気付かないうちに落ちていることも。理想は日中の塗り直し。
 (第一三共ヘルスケア 研究開発部 開発第二グループ 土岐 珠未)

詳しくはこちら(PDF)


 第一三共ヘルスケアは、第一三共グループの企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考え方のもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、経営ビジョン「健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ Fit for You」の実現に向けて取り組んでいます。こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。
※ 第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています。


健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ Fit for You