お知らせ

2020年10月30日

20代~60代の男女500人に聞く、「ながら食べ」実態調査
在宅時間が増え「ながら食べ」をする人が約8割※1
「ながら食べ」をする人の86%は歯周病のケアを望んでいるが、「ながら食べ」の後に毎回口ゆすぎをするのは23%
※1:在宅時間が増えた人の76.7%がながら食べをすると回答

 第一三共ヘルスケア株式会社(本社:東京都中央区)は、首都圏在住の20代~60代の男女500人を対象に、コロナ禍で在宅時間が長くなることに伴う「ながら食べ」の実態調査を行いました。その結果、在宅時間が増えた人の約8割が「ながら食べ」をしていることがわかりました。主な調査結果は以下の通りです。

●コロナ禍で「ながら食べ」をする人が約7割も
・全体の約7割(66.8%)が「ながら食べ」をしている。
・新型コロナウイルス感染拡大後(緊急事態宣言解除後の2020年6月以降)に、在宅時間が増えた人に限ると、76.7%が「ながら食べ」をしている。

「ながら食べ」の実態

●「ながら食べ」の定番は、テレビや動画を見ながら、小腹がすいたときに、チョコを食べる
・「ながら食べ」をするシーンは「テレビや動画」(68.9%)、「スマートフォンやパソコン」(50.6%)を見ながら。
・4人に1人は「仕事・勉強」(25.1%)のときに「ながら食べ」をするが、在宅時間が増えた人に限ると3人に1人(35.4%)に増加。
・「ながら食べ」をするのは「小腹がすいたとき」(56.0%)や「口さみしいとき」(33.5%)、4人に1人は「なんとなく」(26.0%)。
・在宅時間が増えた人は「リフレッシュしたいとき」(25.3%)にも「ながら食べ」をする。
・「ながら食べ」TOP3は「チョコレートやチョコレート菓子」(63.2%)、「ポテトチップスなどのスナック菓子」(44.9%)、「せんべい・あられ」(41.3%)。

●「ながら食べ」をする人の約6割は歯周病に不安アリ
・「ながら食べ」をする人の64.4%は歯周病に「不安」を感じている。
・また、「ながら食べ」をする人の85.6%が「ケアしたい」と望んでいる。

歯周病への意識

【調査概要】
 ■実施時期:2020年9月18日(金)~9月23日(水)
 ■調査手法:インターネット調査
 ■調査対象:首都圏在住の20代~60代男女500人
 ※構成比(%)は小数点第2位以下を四捨五入しています。合計が100%にならない場合があります。


●歯科医師 倉治ななえ先生に聞く、「ながら食べ」と歯周病


詳しくはこちら(PDF)


 第一三共ヘルスケアは、第一三共グループの企業理念にある「多様な医療ニーズに応える医薬品を提供する」という考え方のもと、生活者自ら選択し、購入できるOTC医薬品の事業を展開しています。現在、OTC医薬品にとどまらず、スキンケアやオーラルケアへと事業領域を拡張し、経営ビジョン「健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ Fit for You」の実現に向けて取り組んでいます。こうした事業を通じて、自分自身で健康を守り対処する「セルフケア」を推進し、誰もがより健康で美しくあり続けることのできる社会の実現に貢献します。
※ 第一三共グループは、イノベーティブ医薬品(新薬)・ジェネリック医薬品・ワクチン・OTC医薬品の事業を展開しています。


健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ Fit for You