黄金炒飯のかにあんかけ

黄金炒飯のかにあんかけ
「手軽でバランスのよい昼ごはん」のレシピ

低エネルギーで食物繊維が豊富なたけのこを炒飯の具にしたことで、満足できるボリュームがありながらヘルシーに仕上がります。

黄金炒飯のかにあんかけ
  • ジャンル

    中華

  • 調理方法

    炒める

  • 調理時間

    20~30分

おすすめ!ワンポイント

たけのこの旬は春ですが、たけのこの水煮は年中出回っており、あく抜きの手間が省けます。

材料(4人分)

ご飯 600g
玉ねぎ 1/4個
たけのこ(水煮) 40g
コーン 40g
焼き豚 50g
青ねぎ 2本
卵 3個
(味つけ調味料)
・塩 小さじ2
・コショウ 少々
・旨味調味料 少々
・酒 大さじ2
・薄口しょうゆ 小さじ2
サラダ油 大さじ2
(かにあん)
・鶏ガラスープの素(顆粒) 大さじ1
・水 カップ1と1/2
・塩 小さじ1/2
・砂糖 大さじ1
・酒 大さじ1
・しょうゆ 小さじ2
・かに(缶詰) 120g
水溶き片栗粉 大さじ2
ごま油 小さじ1/2

調理方法

(1)玉ねぎ、たけのこはコーンと同じくらいの大きさに切ります。焼き豚も同様に切ります。青ねぎは小口切りにします。卵は小さなボウルに割り入れ、溶きほぐしておきます。
(2)フライパンを熱し、サラダ油をなじませ、玉ねぎ、たけのこ、コーンを炒めます。焼き豚を加えて炒めます。温かいご飯(冷やご飯の場合は温めて)を加えて炒めます。ご飯をほぐしながら、しっかり炒めます。
(3)卵を回し入れ、やや強火にして香ばしく、パラッとほぐすように炒めます。味つけ調味料で味を調えます。薄口しょうゆ、酒は鍋肌から回し入れます。
(4)炒飯を小さなボウルに入れて形取り、器に盛り付けます。フライパンをサッとふき、かにあんの調味料を合わせます。煮立て、かにをほぐして加えます。水溶き片栗粉でとろみをつけます。ごま油で風味をつけます。
(5)炒飯の周りにかにあんをたっぷり、流し入れます。

栄養価(1人分換算)

  • エネルギー

    498 kcal

  • タンパク質

    19.3 g

  • 脂質

    13.3 g

  • 炭水化物

    68.9 g

  • カルシウム

    58 mg

  • リン

    260 mg

  • 1.4 mg

  • ナトリウム

    2312 mg

  • カリウム

    299 mg

  • マグネシウム

    38 mg

  • 亜鉛

    3.8 mg

  • 0.4 mg

  • ビタミンA

    73 μg

  • ビタミンE

    2.5 mg

  • ビタミンD

    0.9 μg

  • ビタミンB1

    0.19 mg

  • ビタミンB2

    0.29 mg

  • ナイアシン

    2.4 mg

  • ビタミンC

    7 mg

  • コレステロール

    209 mg

  • 塩分

    5.9 g

  • 水分

    283.6 g

  • 灰分

    6.9 g

  • レチノール

    62 μg

  • カロテン

    89 μg

  • 食物繊維

    1.5 g

  • マンガン

    0.68 mg

  • ビタミンK

    19 μg

  • ビタミンB6

    0.18 mg

  • ビタミンB12

    2.4 μg

  • 葉酸

    43 μg

  • パントテン酸

    1.33 mg

  • 飽和脂肪酸

    2.31 mg

  • 一価不飽和脂肪酸

    6.29 mg

  • 多価不飽和脂肪酸

    2.94 mg

提供:ボブとアンジー

TOPへ