うなカツ丼

うなカツ丼
「風邪の対策・予防」のレシピ

うなぎは、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB群ともに豊富に含まれていますので夏場の元気食材の代表といえるでしょう。ウイルスに対しての抵抗力をつけてくれます。

うなカツ丼
  • ジャンル

    和食

  • 調理方法

    揚げる

  • 調理時間

    10~20分

おすすめ!ワンポイント

ビタミンAは脂溶性ビタミン。カツにすることで吸収力がアップします。

材料(4人分)

うなぎ(蒲焼き) 300g(約2枚)
山椒の粉 少々
小麦粉 適量
溶き卵 1個分
パン粉(ドライ) 適量
白ねぎ 1本
玉ねぎ 1/2個
卵 6個
だし汁 カップ2
みりん カップ1/2
しょうゆ カップ1/4
うなぎ(蒲焼き)のタレ 大さじ2
ご飯 800g
青ねぎ 1本
揚げ油 適量

調理方法

(1)うなぎ(蒲焼き)は半分の長さに切ります。山椒の粉をかるくふります。小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけてカツとします。
(2)白ねぎは斜め薄切り、玉ねぎは薄切りにします。
(3)鍋にみりんを煮きり、だし汁、しょうゆ、うなぎ(蒲焼き)のタレを合わせます。ひと煮立ちしたら玉ねぎ、白ねぎの薄切りを入れてサッと煮ます。
(4)フライパンに(3)を一人分とり分けて火にかけます。(1)のカツを食べやすい幅に切って加えます。サッと煮たら、かるく溶きほぐした卵を流し入れ、半熟状にとじます。
(5)丼にご飯を盛り、(4)をのせます。斜めに切った青ねぎを散らします。

栄養価(1人分換算)

  • エネルギー

    992 kcal

  • タンパク質

    36.4 g

  • 脂質

    42.3 g

  • 炭水化物

    106 g

  • カルシウム

    190 mg

  • リン

    515 mg

  • 2.9 mg

  • ナトリウム

    1621 mg

  • カリウム

    626 mg

  • マグネシウム

    57 mg

  • 亜鉛

    4.7 mg

  • 0.38 mg

  • ビタミンA

    1258 μg

  • ビタミンE

    6.8 mg

  • ビタミンD

    15.8 μg

  • ビタミンB1

    0.7 mg

  • ビタミンB2

    1 mg

  • ナイアシン

    4.9 mg

  • ビタミンC

    5 mg

  • コレステロール

    541 mg

  • 塩分

    4.2 g

  • 水分

    402.1 g

  • 灰分

    6.3 g

  • レチノール

    1248 μg

  • カロテン

    40 μg

  • 食物繊維

    1.8 g

  • マンガン

    0.85 mg

  • ビタミンK

    42 μg

  • ビタミンB6

    0.3 mg

  • ビタミンB12

    2.8 μg

  • 葉酸

    78 μg

  • パントテン酸

    2.99 mg

  • 飽和脂肪酸

    8.58 mg

  • 一価不飽和脂肪酸

    17.63 mg

  • 多価不飽和脂肪酸

    11.06 mg

提供:ボブとアンジー

TOPへ