お年寄りと暮らす家庭の常備薬

お年寄りと暮らす家庭の常備薬お年寄りと暮らす生活では、食事を消化しやすいものにしたり、空調に気をつけたり、段差や通路の幅を工夫するなど、加齢にあわせた思いやりが大切です。また、あらかじめ想定される症状にはくすりを常備しておくのが安心です。
高齢になると、体のいろいろな機能が衰えてくるため、くすりの副作用が出やすくなります。またくすりの作用も若い人とは違ってくるため効き目が強く出てしまうこともあります。必ず使用上の注意をよく読んで、正しく利用するようにしましょう。

そろえたいくすりリスト

種類 こんなときに 例えばこんなくすり
解熱鎮痛薬 突然の発熱・痛みに ロキソニンS[第1類医薬品]
かぜ薬 家族のかぜに 新ルルAゴールドDX[第2類医薬品]
胃腸薬 脂肪分などを取りすぎた時の胃もたれや整腸に 第一三共胃腸薬 プラス 細粒[第2類医薬品]
整腸薬 便秘、軟便、整腸に パンラクミン錠[指定医薬部外品]
下痢止め 腹痛を伴う下痢・食あたりに エクトール[第2類医薬品]
うがい薬 かぜの予防に ルルうがい薬a[指定医薬部外品]
シップ薬 肩こり、腰痛、関節痛に パテックスうすぴたシップ[第3類医薬品]
皮膚薬 湿疹・かぶれなどによるかゆみに オイラックスA[指定第2類医薬品]
乾燥性皮膚用薬 うるおいが必要な乾燥した肌に オイラックス潤乳液[第3類医薬品]
ビタミン剤 つらい関節痛、腰痛に ノイビタコンドロ錠[第3類医薬品]
目薬 充血やものもらいなどに -
くすり以外の
衛生用品
包帯、絆創膏、テープ、はさみ、ピンセット、体温計
TOPへ