よくあるご質問

Q.
過酸化脂質の増加を防ぐとはどういうことですか?
A.

過酸化脂質は、カラダの中の細胞を覆っている不飽和脂肪酸という脂質の膜が活性酸素と結びつき、酸化されたもの(何度も繰り返し使ってドロドロになった食用油を想像してください)。体内で発生した過酸化脂質は、その近くにある脂質も次から次へと雪ダルマ式に酸化させていきます。増加した過酸化脂質は、細胞膜の機能を損なって、細胞内に様々な障害を引き起こしたり、動脈硬化などの病気の原因になったり、カラダに悪い影響を与えるのです。
過酸化脂質の増加を防いでくれるのがビタミンEです。ビタミンEが過酸化脂質と脂質の間に入り込み、脂質の代わりに酸化されることで、次々に起こる酸化の連鎖、つまり過酸化脂質の増加を防ぐのです。一度酸化されたビタミンEはその効力を失いますが、ビタミンCが一緒にあると、ビタミンEは復活し、再び抗酸化力を発揮させることができることが分かっています。

よろしければご協力ください。

このQ&Aはお役に立ちましたか?

回答いただいたのはいつですか?

このQ&Aに対してご意見がありましたら、ご記入ください。

同じブランドの製品

関連製品