よくあるご質問 パンラクミン錠|第一三共ヘルスケア

よくあるご質問

パンラクミン錠

  • Q1 有胞子性乳酸菌とは、どんな菌ですか。他の乳酸菌との違いは何ですか?
    A1. 有胞子性乳酸菌(ラクボン)は、胞子(植物及び菌類の生殖細胞。厚くて丈夫な被膜をもち、外界に対する抵抗力が強く、発芽することによって一固体となる)を形成した乳酸菌です。
    酸(胃酸)や熱に対して安定しており、腸に到達して発芽します。
    本菌並びにその製剤は、室温貯蔵において、3年経時でも外観、性状(匂い、味)、乳酸生成能力に変化がなく、生菌数の低下が少ない特長があります。
    閉じる
  • Q2 下痢や便秘に効きますか?
    A2. パンラクミンは、下痢止め(止瀉剤)ではありませんので、下痢に対しての効能・効果はありません。
    乳酸菌(ラクボン)は、乳糖を乳酸に変えて、その乳酸が腸管をソフトに刺激して、排便を促進します。
    パンラクミンに含まれる有胞子性乳酸菌ラクボンは、胃酸に強く、腸内に達して発芽、繁殖します。
    私たちの腸内には、様々な種類の細菌が無数(約百種類百兆個)生存しておりますが、乳酸菌ラクボンは、腸内の悪玉菌を抑制し、腸内細菌叢のバランスを良くし、整腸(便通を整える)、便秘、軟便などの症状を改善します。
    閉じる
  • Q3 妊娠中や授乳中に服用してもいいですか?
    A3. 母体及び胎児に影響を与える成分は配合されておりませんので、服用してもご心配いりません。
    閉じる
  • Q4 飲んでいると腸の調子がいい。ずっと飲み続けても大丈夫ですか?
    A4. 配合成分は有胞子性乳酸菌ラクボン、消化酵素剤タカヂアスターゼN1、身体の中にもあるビオチンというビタミンであり、身体に蓄積する成分は配合しておりませんので、腸の調子が良いのであれば、健康維持に継続服用することをお薦めします。 なお身体に対して穏やかな成分を配合しており、指定医薬部外品になっております。
    閉じる
  • Q5 9錠中のカロリーを教えてください。
    A5. 約4.2kcalです。
    閉じる