よくあるご質問 オイラックス|第一三共ヘルスケア

よくあるご質問

オイラックス

  • Q1 ステロイド外用剤はその薬効(臨床効果)の強さによって5群に分類されているのですか?
    A1. 医師の薬剤選択の目安として5群分類がなされています。「最も強い」から「弱い」までの5段階ですが、使用する部位、成分の濃度、軟膏やクリームの基剤の組成が異なると薬の効果に差が出ることも考えられるため、成分(主薬)だけで外用剤を評価分類することは難しいのが実状です。
    例えば、「オイラックスA」に含まれているヒドロコルチゾン酢酸エステルは「弱い」の分類に入っています。
    閉じる
  • Q2 ステロイド成分を含んでいる外用剤の使用上の注意には「長期連用しない」と書いてありますが、長期とは何日位をいうのですか?
    A2. ステロイド剤を含んだ外用剤の長期連用の目安は約2週間です。漫然と長期連用すると副作用があらわれるおそれがありますので、症状がよくなった場合は使用を中止し、症状がよくならない場合は皮膚科を受診するようにしてください。一般にステロイド成分は強力な抗炎症作用をもっていますので、通常数日から2週間程度で効果があらわれます。
    閉じる
  • Q3 「オイラックスPZリペア軟膏・クリーム」に含まれているステロイド成分プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルはアンテドラッグと呼ばれていますが、どのようなことをいうのですか?
    A3. 一般的に薬は必要な部位で効率的に作用することが最も望ましいことですし、必要のない部位で副作用があらわれてほしくないのです。ステロイド外用剤はすぐれた効果がある反面、塗布部位や全身性の副作用があらわれることがあります。
    そこで、適用局所(患部)でよく効き、体内に入ると速かに代謝されて低活性物質にかわるように設計された薬をアンテドラッグといいます。プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステルはOTC医薬品で使用されている代表的なアンテドラッグの成分です。
    閉じる
  • Q4 皮膚外用剤の選び方、使い方のポイントはどんなことでしょうか?
    A4. 皮膚病変と外用剤の剤形との組み合わせを適切に選択することが大切です。皮膚外用剤には軟膏剤、クリーム剤、ゲル剤、ローション剤や液剤、粉末剤など多種類があります。
    一般に、乾燥している患部には液剤・ローション剤・クリーム剤を、ジュクジュクしている患部には軟膏剤をおすすめしています。
    閉じる
  • Q5 ステロイド外用剤を使ってはいけない皮膚疾患がありますか?
    A5. ステロイド成分は病原微生物に対する皮膚の抵抗力を低下させ、症状をさらに悪化させるので、細菌(化膿している患部)、ウイルス(帯状疱疹、水ぼうそうなど)、真菌(水虫、たむし、カンジダ症など)などの感染による疾患には使わないようにしてください。万一、使用し悪化してしまった場合には直ちに使用を中止して皮膚科を受診してください。
    閉じる
  • Q6 「オイラックスA」を夏場に車の中に置いていて、使おうとしたところ、水のようなものが出てきました。使用出来ますか?
    A6. 夏場の車の中の温度は昼間ですと60℃以上になるといわれています。このような温度環境でクリーム剤の乳化が壊れてしまい、水と油性成分に分離して水が出てきたと思われます。性状が変化している場合は使用しないでください。
    この製品だけでなく、薬は保存方法の記載がない場合でも直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。
    閉じる
  • Q7 「オイラックス」類に含まれている成分クロタミトンは疥癬(かいせん)に使用出来ますか?
    A7. 疥癬には使用しないでください。疥癬はダニの仲間のヒゼンダニが皮膚に寄生して起こる病気です。現在OTC医薬品で疥癬に効くお薬は販売されておりません。なおステロイド成分を含有したお薬は疥癬には使用禁忌です。疥癬は人と人の直接接触あるいは寝具やこたつなどを通じた間接接触によりうつります。早めに皮膚科医の診察を受けてください。
    閉じる