よくあるご質問 ルルアタックEX|第一三共ヘルスケア

よくあるご質問

ルルアタックEX

  • Q1 どのような症状に効果があるのですか?
    A1. のどの痛み、発熱などのつらいかぜ症状に優れた効果をもつ成分(トラネキサム酸、イブプロフェン、ブロムヘキシン塩酸塩、クレマスチンフマル酸塩)等を独自配合した総合感冒薬です。特に2つの抗炎症成分(トラネキサム酸、イブプロフェン)が、つらいかぜ症状のもととなる炎症を抑え、「だ液を飲み込むのもつらい」あるいは「赤く腫れて痛い」のどの痛みや発熱などに優れた効果を発揮します。
    閉じる
  • Q2 かぜでのどが痛いのですが、「のどの痛みを抑える他の抗炎症剤」を一緒に服用してもよいですか?
    A2. 本製品は抗炎症成分が2種類(トラネキサム酸、イブプロフェン)配合されておりますので、他の抗炎症剤とは併用しないでください。成分の作用が重なり、副作用が現れることがありますので一緒に服用しないでください。
    閉じる
  • Q3 子供が服用してもよいのでしょうか?
    A3. 15歳以上の方でしたら服用いただけます。
    閉じる
  • Q4 ルルシリーズの多くは1回服用量は3錠でしたが、ルルアタックEXは2錠でよいのですね?
    A4. かぜのお客様により服用していただきやすくするために製剤の工夫をし、服用量が1回2錠ですむように商品開発をしました。
    閉じる
  • Q5 授乳中ですが服用してもよいですか?
    A5. 本製品に配合されているジヒドロコデインリン酸塩は、母乳に移行するという報告がありますので、授乳中は服用しないでください。もし、服用する場合は24時間以上時間を空けてから授乳してください。
    閉じる
  • Q6 ルルアタックFXa、ルルアタックNXとの違いは何ですか?
    A6. ルルアタックシリーズは特定症状にフォーカスした総合感冒薬で、パーソナルユースを対象とした製品です。
    ルルアタックEXは「のどの痛みを伴うかぜ」によく効く処方設計となっています。
    対して、ルルアタック FXaは「発熱・さむけを伴うかぜ」によく効く処方設計であり、ルルアタックNXは「鼻水・鼻づまり」によく効く処方設計となっています。
    閉じる