English简体中文繁體中文

ホワイトCがシミに効くしくみ

図解

ホワイトCがシミに効くメカニズムとしては、以下のことが起こっていると考えられています。

図解

ホワイトCがシミに効くメカニズムとしては、以下のことが起こっていると考えられています。

メラニンがつくられシミになる

紫外線などがメラノサイトを刺激し、過剰につくられたメラニンがケラチノサイトにたまってシミになります。

シミができるしくみ

1. L-システイン、ビタミンCが【メラニンを防ぐ】

L-システイン・ビタミンC〈チロシナーゼ生成阻害〉

メラニンの生成を制御。

メラノサイトの中では、チロシンというアミノ酸がメラニンに変化します。紫外線が刺激となってメラノサイトにシグナルを送ると、チロシナーゼという酵素がつくられ、チロシンを活性してメラニンへの変化を促します。L-システインは、このチロシナーゼの産生や、産生されたチロシナーゼがチロシンを活性するのをブロックします。

2. ビタミンCが【メラニンを無色化】

ビタミンC〈黒色メラニン褐色化還元作用〉

メラニンの無色化を促進。

ビタミンCは、できてしまったメラニンを褐色化させる直接還元作用があります。
また、そのほかメラノサイト内でメラニンが発生する過程でドーパキノンをその前段階のドーパに還元する作用を持つほか、L-システインと同じくチロシナーゼがチロシンを活性するのをブロックするはたらきも持ちます(前項参照)

3. L-システイン、ビタミンB2・B6、血行をよくするビタミンEが【メラニンを出す】

メラニンの排出を促進。

天然型ビタミンEが血行をよくし、さらにL-システイン、ビタミンB2・B6がターンオーバー(肌の新陳代謝)を促進し、メラニンの排出を早め、お肌の正常な働きを保ちます。

メカニズムをもっと知りたい方へ

  • シミができるしくみ

    肌表面にシミができるしくみをご存知ですか?対策の前に原因も知っておきましょう。図解でわかりやすく解説します。

  • ホワイトCがシミに効くしくみ

    トランシーノ ホワイトCに配合される各成分が肌表面でシミにどう働くか、図解でご紹介しています。

トップへ戻る