English简体中文繁體中文

シミの種類を見るお肌ギャラリー

知っているようで、実はよく知らないのが、自分のシミの真実。美白やUVケアをしていても、なかなか改善しないとしたら、それにはきっと理由があります。

肝斑(かんぱん)シミ

シミは、種類によって対処法が異なります。

シミと一口にいっても、医学的にはいくつかの種類に分けられます。日光黒子、そばかす、対称性真皮メラノサイトーシス、そして「肝斑(かんぱん)」などさまざま。内服薬、美白外用剤、レーザー治療、ケミカルピーリングなどいろいろな対処法がありますが、それぞれの種類に合った方法を選ばなければ、かえって悪化させてしまうこともあります。

あなたのシミは、どのタイプ?

肝斑(かんぱん)

左右対称に、目のまわりを避けて生じるのが肝斑(かんぱん)の特徴。

実は多い、肝斑。
化粧でも隠しにくい、女性を悩ませるシミです。

  • 肝斑(かんぱん)

    もやっと広がった蝶々タイプ

    ほほ骨から下の方にかけて、両側にもやっと広がったタイプ。面積が広く顔色全体がくすんで見えることも。日光黒子(老人性色素斑)など色の濃いシミの下に、こんな肝斑が薄く広がっている場合もあります。

  • 肝斑(かんぱん)

    ほほ骨に沿って筆で描いたようなタイプ

    ほほ骨に沿って、左右対称に筆で描いたようなシミ。ほほには別の種類のしみが広がっていることもあります。

  • 肝斑(かんぱん)

    目尻の下あたりに小さく広がった
タイプの[チビ肝斑(かんぱん)]

    ほほ骨から目尻の下あたりに、左右対称に小さく広がったシミ。または、こめかみ近くに小さく広がったシミ。いわゆる「チビ肝斑」です。

  • 肝斑(かんぱん)

    左右対称だが大きさ・位置が違うタイプ

    ほほ骨に沿って左右対称だけれど、大きさが違ったり、また片方が目尻の方に広がるなど、位置が少し違うケースもあります。

  • 肝斑(かんぱん)

    額や口の周りにも出るタイプ

    ほほ骨に沿って左右対称に広がるだけでなく、額中央、あるいは口の周りなどにも出ている場合があります。

その他のシミ

  • その他のシミ

    日光黒子(老人性色素斑)

    平らで境界がはっきりした黒っぽいシミ。中年以降に増える色素斑で、基本的には左右対称ではありません。ただし、たまたま両ほほあたりにできる場合もあります。また、この濃いシミの下に薄い肝斑が広範囲に生じているケースもあります。

  • その他のシミ

    そばかす

    雀卵斑ともよび、直径数ミリ以下のまるい小さなシミ。ほほや鼻の周りなどに多く出ます。3歳頃から出始めて、思春期に特に目立つようになります。

  • その他のシミ

    炎症後色素沈着

    ニキビや化粧品などによる肌の炎症が治ったあとに生じる褐色のシミで、年齢・性別に関係なく現れます。顔以外にも全身にできるものです。

  • その他のシミ

    対称性真皮メラノサイトーシス(ADM※)

    左右対称にあり、ほほや額などに小さいまるい色素沈着が散在的に見えたり、集まって見えます。ほほのあたりに集まる場合、左右対称のため肝斑と見間違うケースがよくあります。季節によって薄くなったり濃くなったりなどの変動が少ない色素斑です。

    ※ADM:acquired dermal melanocytosis

30〜40歳代に多いのは「肝斑(かんぱん)」というシミ

例えば、そばかすなら3歳頃から思春期に、日光黒子なら中年以降に特に目立ってくるというように、シミの種類によって発症する年齢に特徴があります。そろそろお肌の衰えや美白対策が気になりだす30〜40歳代に多くみられるのが「肝斑」というシミです。
当社インターネット調査によれば、シミのイラストを提示し自分のシミ症状を選んでもらった結果、38%の人が肝斑と認められる症状を選択していることがわかりました。

(※2013年第一三共ヘルスケア調べ n=30,000人)

「肝斑(かんぱん)」というシミは、治りにくいシミ

紫外線対策や美白ケアを欠かさずやっていても、シミがなかなか改善されないどころか、ますます広がっていると感じている人は、肝斑を疑ってみましょう。肝斑は妊娠、経口避妊薬などにより誘発あるいは悪化することから、女性ホルモンに関連して発症するシミといわれ、30歳代以降の女性に多く、また妊娠や経口避妊薬などで誘発または悪化するため、対処しにくいシミとされています。
『いざとなったらレーザー治療』という考えも肝斑には通用しません。かえって悪化するといわれていますので注意が必要です。(最近では肝斑に対応したレーザーもあります。)

あなたのシミが「肝斑(かんぱん)」なら、トランシーノII

2007年に市販薬で初めてのシミ(肝斑に限る)改善薬として登場したトランシーノ。トランシーノ発売とともに、これまで10%台だった「肝斑」というしみの認知も70%台まで広まってきました(2013年現在)。
※「トランシーノ」は2014年3月、1日2回服用タイプの「トランシーノII」に生まれ変わりました。
ただし、肝斑というシミの名前は知られても、正しく理解していない方も少なくありません。左右対称という形状の特徴や、ストレスを感じているなどの生活上の特徴、様々な特徴から肝斑をぜひ詳しく知ってください。

あなたのシミ、肝斑? トランシーノIIで改善できるシミ?

トップへ戻る