English简体中文繁體中文

トラネキサム酸について

トラネキサム酸を主成分とする「トランシーノII」の安全性・有効性は、数々の厳しい基準を設けられた臨床試験によって証明されています。

トラネキサム酸 実績ある成分 アミノ酸の一種 女性ホルモンに直接影響しない

トラネキサム酸の特徴

実績ある成分

トラネキサム酸は、長く薬として用いられてきた成分です。

トラネキサム酸は、OTC医薬品としては初めて肝斑の改善が効能として認められた成分ですが、他薬効のOTC医薬品でも使用されてきた実績のある成分です。トラネキサム酸は、実はこれまでも医療用医薬品として使用されてきた成分で、肝斑の改善効果も知られていました。

アミノ酸の一種

トラネキサム酸は、アミノ酸の一種です。

トラネキサム酸は、タンパク質を構成する成分である必須アミノ酸リシンを元に人工合成されたアミノ酸の一種であり、炎症を引き起こす生体内の酵素「プラスミン」を抑制する「抗プラスミン作用」を持っています。喉の腫れや口内炎を治療する薬から、毎日使う歯磨き粉など、幅広く使われています。
なお、もし肝斑でない人が服用した場合でも、特に身体に悪い影響が出る成分ではありません。

※ただし実際の服用に際しては、使用上の注意を読んで正しくお使いください。

女性ホルモンに直接影響しない

女性ホルモンの乱れが原因の一つといわれる肝斑(かんぱん)。ただし「トラネキサム酸」は、女性ホルモンに働きかける作用があるわけではありません。

経口避妊薬の服用、妊娠、閉経などとの関わりから、肝斑の発症には女性ホルモンが大きく影響していると考えられています。ただし、トラネキサム酸の作用メカニズムは、この女性ホルモンの乱れを修正するものではありません。
トラネキサム酸は、メラニン発生の要因のひとつと考えられるメラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックすることで、肝斑の原因となるメラニンの発生を抑制し、この結果肝斑を薄くする作用があると考えられております。これまでの研究から、女性ホルモンの分泌などホルモンへの直接的な影響は考えられておりません。

メカニズムをもっと知りたい方へ

  • シミができるしくみ

    肝斑はシミの一種。女性ホルモンや紫外線などの刺激誘引物質に影響を受けます。

  • トランシーノIIが肝斑に効くしくみ

    トラネキサム酸をはじめとしたトランシーノIIの各成分が、肝斑発症のカギとなるメラノサイトにしっかりはたらきかけます。

トップへ戻る