English简体中文繁體中文

トランシーノIIが肝斑に効くしくみ

図解

ケラチノサイト(表皮細胞)に女性ホルモンや紫外線など刺激誘因物質がはたらきかけると…

図解

ケラチノサイト(表皮細胞)に女性ホルモンや紫外線など刺激誘因物質がはたらきかけると…

メラニンがつくられシミになる

イメージ図(メラニンがつくられシミになる)

女性ホルモンや紫外線などがメラノサイトを刺激し、過剰につくられたメラニンがケラチノサイトにたまってシミになります。

1. トラネキサム酸が初期の段階でプラスミンを阻害

イメージ図(1トラネキサム酸が初期の段階でプラスミンを阻害)

トラネキサム酸が、もっとも初期の段階でメラノサイト活性化因子(プラスミン)を阻害し、メラニンをつくるための情報伝達をブロックします。

女性ホルモンや紫外線などの刺激誘因物質がケラチノサイトにはたらきかけると、メラノサイト活性化因子であるプラスミンが産生され、そこからメラノサイトのメラニン産生がスタートします。
このもっとも初期の段階でプラスミンをブロックし、メラノサイトに活性のシグナルが届かないようにするのがトラネキサム酸です。トランシーノIIの主成分であるトラネキサム酸のプラスミン阻害作用は、肝斑のもとを抑える第一段階といえます。

2. L-システイン、ビタミンCがさまざまなポイントで阻害・還元作用を発揮

イメージ図(2L-システイン、ビタミンCがさまざまなポイントで、阻害・還元作用を発揮)

L-システイン 〈チロシナーゼ生成阻害〉

L-システインは、メラノサイト内で酵素チロシナーゼをブロック。

メラノサイトの中では、チロシンというアミノ酸がメラニンに変化します。プラスミンがメラノサイトにシグナルを送ると、チロシナーゼという酵素がつくられ、チロシンを活性してメラニンへの変化を促します。L-システインは、このチロシナーゼの産生や、産生されたチロシナーゼがチロシンを活性するのをブロックします。

ビタミンC・L-システイン〈チロシナーゼ活性阻害〉

ビタミンC〈ドーパキノン還元作用〉

さらに、ビタミンCが作用。

チロシンはドーパという化合物を経てドーパキノンに変化し、やがてメラニンになります。ビタミンCは、ドーパキノンをその前段階のドーパに還元する作用を持ちます。また、L−システインと同じく、チロシナーゼがチロシンを活性するのをブロックするはたらきも持ちます。
このほか、できてしまったメラニンを褪色させる直接還元作用もあります。

3. メラニン生成が抑制される

イメージ図(3メラニン生成が抑制される)

多くのポイントでメラニン産生を抑えるトランシーノII。

トランシーノIIは、このようにメラニン産生のさまざまなポイントで、阻害・還元作用を発揮する内服薬なのです。

メカニズムをもっと知りたい方へ

  • シミができるしくみ

    肝斑はシミの一種。女性ホルモンや紫外線などの刺激誘引物質に影響を受けます。

  • トランシーノIIが肝斑に効くしくみ

    トラネキサム酸をはじめとしたトランシーノIIの各成分が、肝斑発症のカギとなるメラノサイトにしっかりはたらきかけます。

トップへ戻る