TVCM情報|ミノン(MINON)

肌は、あなたが誰にも言わずに頑張りすぎてしまったストレスにも反応してしまうような正直者。特にお肌が弱いゆえに悩みが多いと、がっかりしたり、ご自分の肌質を少しやっかいに感じてしまうかもしれません。ご家族や大切な方がつらそうにしていると、可哀想になってしまうこともあるかもしれません。 肌が憂鬱だと、心までカサカサしてくるものですよね。 デリケートな肌のことは、よく理解してあげて、気長に、少し気楽に。お子様や、ご家族でお悩みの方には、あなたが選んであげてください。 ミノンは、肌に“よいものを選んであげたい”というやさしさの間にいつも介在し続けてきた製品です。これからも、そうあり続けたいと思っています。

リニューアル3周年特別企画 大島優子さん&坂口健太郎さん MINONスマートフォン向け 壁紙プレゼント

ミノン全身シャンプー「結婚式の日」篇

  • ミノン全身シャンプー 「結婚式の日」篇 15秒

    15秒CM

  • ミノン全身シャンプー 「結婚式の日」篇 30秒

    30秒CM

  • ミノン全身シャンプー 「結婚式の日」篇 60秒

    60秒CM

  • ミノン全身シャンプー 「結婚式の日」篇 CMメイキング

    メイキング

番外編 麻子の何気ない日常を描いた「頭皮のスキンケア」篇

ミノンシリーズから、ヘアシャンプーとコンディショナー(医薬部外品)が登場。ミノンTVCMシリーズでは、ミノンのある生活をおくる麻子と、その家族や周りの人々の姿や思いを描いています。番外編の本作では、ミノンのやさしい香りに包まれて髪と頭皮を洗い、心まで気持ちよく癒されていく麻子のすがたを、丁寧に切り取りました。

  • 頭皮のスキンケア篇

    15秒CM

  • メイキング映像【頭皮のスキンケア】篇

    メイキング

過去のストーリーはこちら

ミノン全身シャンプー「彼と買い物」篇

  • ミノン全身シャンプー 「彼と買い物」篇 15秒

    15秒CM

  • ミノン全身シャンプー 「彼と買い物」篇 CMメイキング

    メイキング

ミノン全身シャンプー「彼とケンカ」篇

  • ミノン全身シャンプー「彼とケンカ」篇 メイキング

    メイキング

  • ミノン全身シャンプー「彼とケンカ」篇 60秒CM

    60秒CM

  • ミノン全身シャンプー「彼とケンカ」篇 30秒CM

    30秒CM

  • ミノン全身シャンプー「彼とケンカ」篇 15秒CM

    15秒CM

ミノン全身シャンプー「彼の引っ越し」篇

  • ミノン全身シャンプー 「彼の引っ越し」篇 15秒

    15秒CM

  • ミノン全身シャンプー 「彼の引っ越し」篇 CMメイキング

    メイキング

ミノン全身シャンプー「帰省」篇

  • ミノン全身シャンプー 「帰省」篇 15秒

    15秒CM

  • ミノン全身シャンプー 「帰省」篇 CMメイキング

    メイキング

ミノン全身シャンプー「小包」篇

  • ミノン全身シャンプー 「小包」篇 30秒

    30秒CM

  • ミノン全身シャンプー 「小包」篇 CMメイキング

    メイキング

  • ミノン全身シャンプー 「小包」篇 Webスペシャルムービー60秒CM

    Webスペシャルムービー
    60秒CM

  • ミノン全身シャンプー 「小包」篇 15秒

    15秒CM

登場人物紹介

私:中島麻子(30歳)
私:中島麻子(30歳)
故郷(四国)を離れ、東京の製菓メーカーに勤務。
最近は責任のある仕事を任されるようになってきた。趣味は、下町を散歩しながらデジタル一眼で写真を撮ること。
母:中島恵子(54歳)
母:中島恵子(54歳)
穏やかな性格で、家族思いの優しい母。
遠く離れて暮らす麻子のことをいつも気にとめている。得意料理は麻子の大好きな「あぶたま煮」。
祖母:中島ともみ(80歳)
祖母:中島ともみ(80歳)
田舎で父母と一緒に暮らしている祖母。怒った顔を見たことがないくらい、常にニコニコしている。麻子が帰省する日を楽しみに待っている。
彼氏:坂田遼介(30歳)
彼氏:坂田遼介(30歳)
大学の同窓会で再会し、付き合うことになった彼。
麻子と付き合って、もうすぐ3年になる。
大学院を卒業後、研究者として電機メーカーに就職。最初は地方勤務だったが、東京本社へ異動することになり、遠距離から近距離へ。

撮影エピソード

「結婚式の日」篇
撮影を行ったのは、都内の結婚式場。まるで本当の結婚式の準備をしているかのような雰囲気の中、純白のウエディングドレスに身を包んだ大島さんの圧倒的な美しさに、スタッフ一同思わず見入ってしまいました。麻子の出身地である徳島県の方言(阿波弁)を使った母娘の会話が今回の演技のポイントでしたが、大島さんはすぐにイントネーションをマスター。心のこもった二人の演技に、撮影しているスタッフもジーンと胸が熱くなりました。遼介と麻子が二人で手をとりあうカットでは、緑が美しい庭で撮ることができ、印象的なラストシーンにもなりました。
「彼と買い物」篇
ミノンTVCMは、ついに3年目に突入。一年ぶりの再会となった大島さんと坂口さんですが、すぐに息の合った演技を披露してくれました。冒頭、買い物袋を覗きながら歩いているシーン。二人のやりとりは、なんと台本にないアドリブです。ドラマやCMはもちろん、舞台にも活躍の場を広げ女優としてのキャリアに磨きがかかっている大島さんと、数々の話題作に出演し、話題沸騰中の坂口さん。お二人の女優・俳優としての実力が光り、思わず見入ってしまうCMとなりました。
「彼とケンカ」篇
ミノンTVCMシリーズ、2015年度最初の撮影は、原宿のキャットストリートで行われました。梅雨の時期で天候が心配されていましたが、当日は晴天。大島さんが現場に入るときには、少し早い夏が始まったかのように、太陽が顔を出していました。大島さんは、彼を演じる坂口さんとも、一年ぶりの再会。お久しぶりです、と和やかに笑顔で挨拶をしながらも、カメラが回ると表情は一転。恋愛でありがちな、ささいなきっかけで彼と喧嘩をしてしまった麻子を演じながら、モニター越しでも分かるほど涙ぐんでいた大島さん。さすがの演技力に、すぐ監督からOKが出ました。
「彼の引っ越し」篇
引越しの片づけをするシーン、一番の難関は、実は主人公・麻子がダンベルで遊ぶ動作でした。
このダンベル、彼氏の持ち物という設定のため、実際にかなりの重量が。何度も同じシーンを撮ることになっても、
大島さんは終始笑顔。実はその後、筋肉痛になっていた、なんてこともあるかもしれませんね。
また、優しい雰囲気と爽やかな笑顔で、大島さんと同じように現場をなごませていた、彼氏役の坂口健太郎さん。
初対面の大島さんともすぐに打ち解け、主人公・麻子とのほっこりする時間を、素敵に演じていました。
「帰省」篇
劇中に登場する玉子の料理は、「あぶたま煮」という、主人公・麻子の出身地である四国周辺の家庭料理です。
油揚げの中に生卵を落とし入れ、出汁で煮て作ります。大島さんはこの撮影が、あぶたま煮初体験。
つまみ食いをするシーンでは、実際に何度もあぶたま煮を食べることになりましたが「家のあったかさを思い出す味」と、おいしそうに頬張っていました。
撮影が終わると、スタッフも一緒に試食会開始。
本当においしいですね、と周りに話しかける大島さんに、現場の空気が一層なごみました。
「小包」篇
撮影初日から、空き時間には周りのエキストラやスタッフと気さくに談笑し、笑顔を見せていた大島さん。
出演者の小学生の男の子にも、「ランドセルに何が入ってるの?」「どの教科が好き?」と話しかけ、すぐ仲良くなっていました。
そしてカメラが回ると、主人公・麻子に変身。
充実した仕事をしながらも少し疲れている複雑な感情や、母から送られたミノンを手に取りやさしさを噛みしめる瞬間。
さまざまな麻子を、丁寧に、そして自然に表現する大島さんの演技が、このCMに命を吹き込みました。

タレント紹介

大島 優子(おおしま ゆうこ)
大島優子(おおしま ゆうこ)
1988年10月17日生まれ、栃木県出身。女優。
主な出演作として、映画『紙の月』『劇場版SPEC~結~漸ノ篇/爻ノ篇』、ドラマ『ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~』 『銭の戦争』、舞台『美幸』『No.9-不滅の旋律-』など。
ミノンCMシリーズの演出を手掛けるタナダユキ監督の映画『ロマンス』(2015年8月29日公開)では、主演を務めている。
今秋には、出演映画『真田十勇士』・『疾風ロンド』が公開。
坂口健太郎(さかぐち けんたろう)
坂口健太郎(さかぐち けんたろう)
1991年7月11日生まれ、東京都出身。俳優、メンズノンノ専属モデル。
映画『シャンティ・デイズ~365日、しあわせな呼吸~』で俳優デビュー。2016年は、映画『残穢-住んではいけない部屋-』『64-ロクヨン-前編/後編』『高台家の人々』が公開、ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』『重版出来!』『とと姉ちゃん』に出演。
今秋には映画『オケ老人!』、初舞台となる「かもめ」が公開。また2017年、初ダブル主演映画『君と100回目の恋』が公開予定。