まだバリア機能が未熟な赤ちゃんの肌|ミノン(MINON)

「赤ちゃん肌」という表現がありますが、実は赤ちゃんの肌は非常にデリケート。なぜなら、まだバリア機能が未熟だからです。
新生児の時期からのスキンケアが、その後のすこやかな肌につながっていきます。
赤ちゃんのバリア機能に負担をかけない洗浄ケアは、将来の肌を守りながら育てる第一歩です。

生まれたての赤ちゃんの肌はとてもデリケート。

生まれたての赤ちゃんの肌はとてもデリケート。
赤ちゃんの肌は、スベスベでやわらかく、とても敏感です。皮膚がとても薄く、新陳代謝が活発なのでたくさんの汗をかきます。汗をかいた肌をそのままにしておくと不潔な状態になりやすく、汗やよごれが刺激の原因にもなるので、こまめにふき取り、毎日お風呂に入れて清潔にすることが大切です。

赤ちゃんの肌は変わっていきます。

赤ちゃんの肌は変わっていきます。
赤ちゃんの肌は、生まれて2カ月くらいまで顔や頭の皮脂の分泌が盛んですが、そのあと母親からもらったホルモンの減少とともに、皮脂の分泌が低下し、肌は乾燥しやすくなります。秋生まれの赤ちゃんは、この時期が湿度が低下しはじめる季節と重なるため、アトピー性皮膚炎を発症しやすいともいわれています。

赤ちゃんの肌を守るには?

赤ちゃんの肌を守るには?
赤ちゃんのやわらかで薄い肌は、角質層のバリア機能がまだ未完成。
乾燥しやすいだけでなく、アレルゲン物質などの外部刺激を防ぐ力が弱く、トラブルを起こしやすい状態です。
洗いすぎや擦りすぎが乾燥肌の原因になるため、洗浄料は赤ちゃんの肌と同じ弱酸性で、ソフトに包み込むようにやさしく洗い、汚れは落としても、必要な皮膚膜や潤いを取り過ぎないようにしましょう。入浴後には必ず保湿剤を使って肌を守りましょう。

赤ちゃんの肌にも洗い方があります。

赤ちゃんの肌にも洗い方があります。
顔から頭、おなかと手足、背中、おしり、股間という順番で、泡を手に取って包みこむように洗いましょう。泡で出てくるタイプを使用するか、固形石けんの場合は泡立てネットなどで泡を作っておくと便利です。硬いナイロンタオルや泡立てネットで直接洗うのは皮膚を痛める場合があるので避けましょう。わきの下や、足の付け根など、くびれた部分には汚れが残りやすいので、ていねいに。全身を洗い終えたら、洗浄料が残らないようにしっかりと洗い流しましょう。