「洗う」ことを乾燥の原因にしないために|ミノン(MINON)


洗うことを見直すことは、乾燥スパイラルにハマらないための「予防」につながります。

過度な洗浄や肌質にあわない洗浄成分が配合されている場合、汚れや皮脂膜だけでなく、
バリア機能をすこやかに保つために欠かせない天然保湿因子(NMF)やセラミドなどの
保湿成分まで洗い流してしまいます。これが、肌にダメージを与え、洗い上がりの乾燥やかゆみ、
バリア機能の更なる低下の原因にもなります。

洗い方の工夫も大切ですが、どのような洗浄成分を使っているか?も大切です。

例えば、強すぎる洗浄成分はバリア機能が低下している肌には「洗いすぎ」につながる場合があり、肌に残すべきうるおいまで取りすぎてしまいます。健康な肌状態の場合、自然に分泌する皮脂により回復することもありますが、肌が弱かったり、炎症を起こしていたりすると皮脂膜の回復力が
弱くなるので、肌あれにつながることがあります。

敏感肌・乾燥肌は洗わない方がよいの?

乾燥の原因になるから、
なるべく洗浄料は使わない方がよいのでしょうか?
いいえ、肌表面の汚れが付着したままだと正常な表皮のターンオーバーが阻害されやすく、汚れ自体が外部刺激になってしまいます。
また、汚れをきちんと落とすことで保湿剤や外用薬などをいっそう効果的に使用することができます。
肌の汚れには、ほこりや食べ物などの外因性の汚れだけでなく、新陳代謝に由来する汗、皮脂、垢が時間とともに酸化して汚れになったものがあります。
肌の天然の保湿クリームといわれている皮脂膜でも、時間と共に酸化して汚れになるのです。
また、化粧品や軟膏などの皮膚外用薬を使用している場合も基材(ベース)になっている油分が時間と共に酸化し、皮膚の代謝物(汗、皮脂、垢)が混入することで汚れになりますので、洗浄成分の界面活性作用(肌から汚れを浮かせ水で洗い流す作用)で落としてあげることが必要です。
更には、肌表面に寄生した病的細菌、真菌、ウイルスも汚れのひとつです。肌質にあった「乾燥の原因にならない洗浄」を意識することは大切ですが、洗浄自体は敏感肌・乾燥肌の方にとっても大切なスキンケアのステップです。