やわらか乳液タイプ ロコベースリペアミルク

すねや腕など粉ふき状態の肌や
広い部分の乾燥には、
塗りやすい乳液タイプのミルク

お客様の声から生まれた、
乳液タイプのロコベースリペア。
なめらかでのびが良いので、クリームでは
塗りづらかった広い部分の乾燥に最適です。

水分を多く含有することができる特殊な乳化手法により、カバー力とのばしやすさを両立したミルクは、広範囲の乾燥にものばしやすくべたつきません。
すぐれた保湿力、低刺激性処方、カバー力で腕やすね、背中など気になる部分の乾燥に。もちろん顔にも。

やわらか乳液タイプ

ロコベースリペアミルク

販売名:ロコベースリペアミルクR 化粧品
48g/1,944円(8%税込) ※メーカー希望小売価格

<全成分>
水、 BG、 ミリスチン酸イソプロピル、 パルミチン酸イソプロピル、オクチルドデカノール、 ポリリシノレイン酸ポリグリセリル-6、 グリセリン、 ベタイン、 パルミチン酸デキストリン、 マイクロクリスタリンワックス、 硫酸Mg、 コレステロール、 セラミド3、 オレイン酸、パルミチン酸、水添レシチン、 ヒドロキシエチルセルロース、 ラウロイルグルタミン酸ジ (オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)、 グリチルリチン酸2K、 ポリクオタニウム-61

赤ちゃんのやわらかい肌にも優しく塗ってあげられます。

 赤ちゃんのやわらかい肌にも優しく塗ってあげられます。

のびの良さに加えて、使いやすいディスペンサータイプの容器もミルクの特長。
ポンプ式なので欲しい量を調整しながらお使いいただけます。

長時間の保湿効果とバリア機能

ミルク独自の二重構造をもつナノカプセル※1
超高圧乳化技術によりナノ粒子化した、生体膜類似成分である「水添レシチン&リピジュア®※2」と、水分を保持する油である「抱水性成分」が肌表面にぴたりと密着。水分保持膜を形成します。
だから長時間の保湿効果とバリア効果が期待できます。
  • ①生体膜類似成分
    (水添レシチン・リピジュアの膜)
  • ②抱水性成分
    (セラミド類似成分)

※1 ポリクオタニウム-61、水添レシチン、ラウロイルグルタミン酸ジ(オクチルドデシル/フィトステリル/ベヘニル)

※2 リピジュア®は、日油(株)の登録商標です。

皮膚表面を覆い、水分を保持!/ナノ粒子が隙間に密着!/3つの肌脂質成分がしっかり浸透

おすすめのご使用方法

適量を清潔な手にとり、
かさつく肌に優しくなじませてお使いください。

ロコベースリペアの3つのこだわり

こんな方が使っています

腕やすねなどの乾燥に
クリームよりすごくのびがよくて、腕につけて手にもつけて、ニの腕まで全体的にのばしています。娘もすごくカサカサで、冬は足とかすねに粉を吹いたりするので、一緒に塗っています。
赤ちゃんや小さなお子様
「我が家では3歳の子どもと一緒にミルクを使ってスキンケアしています。子どもの肌はよりデリケートなので、低刺激なものを選びました。子どもは口まわりなどもよく乾燥しますし、色んなところに塗ってあげてます。」
乾燥でお悩みの男性にも
「私はもちろん、実は主人も使っています。主人はスキンケアなどにそこまでこだわりがあるわけではありませんが、もともと乾燥しやすいタイプだったので、私が使っていたものを勧めました。香りもないですし、男性でも使いやすいみたいで、気に入ってるようです。」
硬めのクリームが苦手な方
「以前こちらのシリーズのクリームを使っていました。保湿力・カバー力などは満足でしたが、硬めのクリームがどうも苦手でした。もう少し塗りやすいといいなと思っていたので、このミルクはとてもありがたいです!のびもいいし、しっとりすると思います。」

こんな使い方もあります

お風呂上りのボディケアに使っています。
ミルクなのでのびがいいですし、脚や腕にも塗りやすいです。
さらっとしているので、腕の除毛とかした時の、肌が白くなるような時のカサカサ感に。
クリームだとのばしづらいので、ミルクを馴染ませています。
体だけじゃなくフェイスケアの一番最後にも使ってます。化粧水のあとに乳液として使うと、すごく潤います!

※コメントは全て、弊社アンケートをもとに作成したものです。

  • こんな方が使ってます しっとりハードクリーム ロコベースリペアクリーム
  • かかとの特徴に着目 うるおってベタつかないバームクリーム ロコベースリペアかかとケアバーム
  • こんな方が使ってます なめらかリップクリーム ロコベースリペアリップクリーム
  • ロコベースリペアが支持される10の理由

@cosmeメンバーの評価

ページの先頭へ戻る