ロコベースリペアとは

ロコベースリペアシリーズは、
ツライ乾燥症状に高い保湿効果を発揮する、
ドライスキンの方のための皮膚保護保湿シリーズです。

ロコベースリペアのはじまり
最初のロコベースリペアが生まれたのは、ヨーロッパ。
当時「スキンバリア理論」に基づき開発され、その考えは今も受けつがれています。
スキンバリア理論
皮膚のバリア機能には、セラミド3、コレステロール、遊離脂肪酸という3つの肌脂質成分が必要不可欠であるという考え。

ロコベースリペア3つのこだわり

ドライスキンでお悩みの方のために、ロコベースリペアシリーズは共通して3つの強みを持っています。

すぐれた保湿力

皮膚バリア機能に着目
皮膚バリア機能には、3つの肌脂質成分であるセラミド3、コレステロール、遊離脂肪酸(オレイン酸・パルミチン酸等)が必要不可欠と言われています。

この3成分をバランスよく配合することで、皮膚バリア機能をサポートします。

低刺激性処方

香料・着色料、防腐剤無添加
肌へのやさしさを考え、低刺激性にこだわった処方です。
アレルギーテスト ※1、乾燥肌・敏感肌の方による連用テスト※2済み
低刺激性であることを追求し、アレルギーテストと、乾燥肌・敏感肌の方による長期連用テストを実施しました。
※1 全ての方にアレルギーが起こらないというわけではありません。
※2 全ての方の肌に合うということではありません。

独自のカバー力

ロコベースリペアの特長はそのカバー力
バリア機能をサポートするために、アイテムごとに様々なこだわりがあります。

ドライスキンの理由 どうして乾燥肌になるの?

ノーマルスキン
肌表面の角質層は、外部刺激から体を守り、同時に水分が蒸発しないように守る働きをしています。これを「バリア機能」といい、セラミドをはじめとする肌脂質成分が深く関係しています。
ノーマルスキン
ドライスキン
肌の脂質量が少なくなると、「バリア機能」が低下しがちになり、(肌表面の)角質層は水分量を保てず、外部刺激に影響されやすくなります。この状態を肌が乾燥し敏感になりやすい「ドライスキン」といいます。よって、肌を保湿し、健康な肌をキープすることが大切です。

ページの先頭へ戻る