歯周病のトータルケアにクリーンデンタルシリーズ

menu

クリーンデンタル
クリーンデンタル
クリーンデンタルマイルド
クリーンデンタル
マイルド
クリーンデンタルセンシティブa
クリーンデンタル
センシティブa
クリーンデンタル塗る歯槽膿漏薬
クリーンデンタルN
塗る歯槽膿漏薬
クリーンデンタル薬用リンス
クリーンデンタル
薬用リンス
クリーンデンタル歯ブラシ
クリーンデンタル
歯ブラシ

歯科医のお話vol.2 歯周病は「エリアの病気」

梅田和徳 先生

医療法人社団京和会

理事長 梅田和徳 先生

「お口のケアは、全身の健康管理にも重要です」

お口と全身の健康は強く結びついています。たとえば高齢の方によく起こる「誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)」ですが、これは歯周病菌が気管に入って起こる病気です。お口のケアというのは、口臭や汚れをなくすためだけでなく、全身の健康管理のためにも重要であるという認識を持っておくことが大切ですね。

ちゃんとケアするには、どんなタイミングで歯科医院に通えばいいのでしょうか?

適切な通院頻度は、人によっても違います。虫歯や歯周病になりやすい方なら3ヵ月ごとに通うことをおすすめしますが、ケアが上手にできている人や、そもそも虫歯や歯周病のリスクが低い人は半年に一度や1年に一度でも問題ないこともありますね。

ただ、通院後1ヵ月ほどは皆さんがんばってケアされますが、2〜3ヵ月すると面倒になってくるものなんです。ケアに対する意識を保つという意味でも、3〜6ヵ月ごとの検診がいいのではないでしょうか。

予防にあたって知っておいていただきたいのは、歯周病は虫歯とは違って「エリアの病気」だということ。虫歯のように1本だけでは済まずに、1本の歯を中心に2本3本の歯が一気にグラグラになって抜けてしまうこともあります。だから、徹底して予防するなら短いタイミングで検査を受けることが大切です。ちなみにうちの医院でいうと、クリーニングやチェックのために毎月通われている患者さんもたくさんいらっしゃいます。

歯周病は

「歯科医院に行くのはトラブルが起こってから」というのが今までの日本人の意識ですし、歯科医院も同じ感覚を持っていました。「ケア(予防)」ではなく「キュア(治療)」だったんです。でも欧米だと、皆さんお口の健康に対する意識が高くて、痛みがなくても自分のホームドクターにチェックしてもらうのが一般的です。だから、欧米では痛みが出てから歯科医院に行くという人は少ないんですね。虫歯や歯周病を本気で予防するなら、欧米にならって意識から変えていかないといけないんです。

現在、歯周病に悩まれている患者さんに伝えたいことは何ですか?

歯周病にかかる方のなかで特に多いのは、子どもの頃から「自分は歯がいい」と思いこんでいる方です。自分は虫歯や歯周病にはならないとたかをくくってしまっているんですね。たとえば、唾液がサラサラの方は虫歯や歯周病にはかかりにくいんですが、そういう方は40代50代になると歯石が溜まりやすいんです。だから、中年になってから歯周病に苦しむというパターンが多い。なのに、自分のお口が若い頃と同じだと思っているから悪化してしまうんです。

そういう問題を防ぐには、まず自分のお口のなかを理解する「意識」と、歯周病がどんな病気なのかという「知識」が大切です。先ほども述べたように、お口のケアは全身の健康にも大きくかかわっていますので、人間ドックに行くのと同じくらいの気持ちで歯科医院に通うことが健康維持につながるのではないでしょうか。

「正しいケアで健康を維持しましょう」

欧米では、年をとっても健康維持ができている方が「人生の成功者」と呼ばれます。健康はお金では買えません。ただキレイにするというだけでなく、健康管理の意味でも意識を高く持って歯のケアをしていきましょう。そのためには自分にピッタリ合った歯みがき粉と、それに合わせた道具による正しいケア、そして定期的な歯科医院での検査が大切です。もしお口に不安があったら、お気軽にご相談ください。

梅田和徳 先生

梅田和徳 先生

医療法人社団京和会

理事長 梅田和徳 先生

  • 平成6年 日本歯科大学 卒業
  • 平成6〜8年 医療法人社団弘進会勤務
  • 平成8年〜 梅田歯科開院
  • 平成12年〜 医療法人社団京和会設立 理事長に就任