歯周病のトータルケアにクリーンデンタルシリーズ

menu

クリーンデンタル
クリーンデンタル
クリーンデンタルマイルド
クリーンデンタル
マイルド
クリーンデンタルセンシティブa
クリーンデンタル
センシティブa
クリーンデンタル塗る歯槽膿漏薬
クリーンデンタルN
塗る歯槽膿漏薬
クリーンデンタル薬用リンス
クリーンデンタル
薬用リンス
クリーンデンタル歯ブラシ
クリーンデンタル
歯ブラシ

クリーンデンタル開発秘話

「歯周病ゼロ社会」を目指して

薬用成分6種類からスタート

現在、薬用成分が10種類配合されている「クリーンデンタル」。1985年の新発売当時、実は薬用成分6種類からスタートしたという事はあまり知られていない事実である。

1983年、製薬会社が開発した「歯周病予防歯みがき」というコンセプトの下、製品の開発がスタート。事前の市場調査の結果をもとに、成分だけではなく使用感や味といった点にも重点を置く事が決定しており、その様な条件下での薬用成分検討は当時の研究員達を大きく悩ませる事となった。

困難を極めた処方検討

薬用歯みがきは、薬用成分として配合できる成分が薬事法によって定められている。その中から成分を選択していく事にしたが、単純に「AとBとC」と選んで歯みがきの中に入れればOK、という訳にはいかないところが処方検討の難しいところ。

例えば、「AとB」という成分を組み合わせるとする。しかし、「AとB」は成分として化学的に相性が良くないと、互いの薬用効果を打ち消し合ってしまう。薬用効果だけではなく、成分同士の組み合わせが悪いと製品そのものの安定性や使用感にも影響が出てしまう。何万通りもある成分の組み合わせの中から、全ての開発条件を満たし、かつ相性の良い成分の組み合わせを見つけるまで、昼夜を問わず研究員達の苦悩は続いた。

そして誕生へ

試行錯誤を重ねに重ねようやくたどり着いた結論は、「ゼオライト、グリチルレチン酸、塩化ナトリウム、ビタミンE、イソプロピルメチルフェノール(IPMP)、ε-アミノカプロン酸」という6成分の組み合わせ。

今でこそ、複数の薬用成分を配合した歯みがきは様々なメーカーから発売されているが、こんなにも多くの薬用成分が配合された歯みがきは1980年代当時はあまり類を見なかった。製薬会社らしさを演出する為、歯みがきの容器も当時、世に出回り始めたラミネートチューブではなく、アルミ製のチューブを採用するなど随所に工夫を凝らし、かくして初代「クリーンデンタル」は産声をあげたのである。を置く事が決定しており、その様な条件下での薬用成分検討は当時の研究員達を大きく悩ませる事となった。

あくなき挑戦は今も続く

苦労に苦労を重ね、初代「クリーンデンタル」を送り出したのも束の間、研究者達の次なるチャレンジが始まる。次回製品リニューアルへ向けての開発がスタートしたのである。新たな配合成分の検討を進めると同時に、営業現場からの要請もあり歯みがきとしてはあまり例の無い、臨床試験を大学病院で実施しデータの蓄積を行うなどもした。チューブの改良に着手した際は、チューブ材質と歯みがきの成分との相性が良くなく、それまでに苦労して辿り着いた配合成分の変更を余儀なくされる等の苦難も乗り越え、1993年に薬用成分数が8種類になった「クリーンデンタルA」、1999年にはチューブの改良に成功した「クリーンデンタルL」、2009年に薬用成分が9種類の「クリーンデンタルEX」、2013年に薬用成分が10種類の2代目「クリーンデンタル」を世に送り出した。そして今現在も「歯周病ゼロ社会」を目指し研究員達の努力は日々続いているのである。

パッケージの変遷

クリーンデンタル
1985 クリーンデンタル
薬用成分数:6

クリーンデンタルA
1993 クリーンデンタルA
薬用成分数:8

クリーンデンタルL
1999 クリーンデンタルL
薬用成分数:8

クリーンデンタルEX
2009 クリーンデンタルEX
薬用成分数:9

クリーンデンタル
2013 クリーンデンタル
薬用成分数:10