ドランクドラゴン鈴木拓のお悩み道場

Vol.2緊張して胃が痛い…。

ユーザーボイス02 38歳男性のお悩み

4月の人事異動で新しい部署に移りました。

なんだか日々緊張してしまって、胃酸が出まくっています。。。

鈴木さんはお仕事柄、
いろんな新しい出会いを日々しているかと思いますが、
疲れたりしませんか?

鈴木拓のアドバイス

一番気疲れするのは動物です。

仕事柄いろんな出会いがありますが、この仕事で出会って疲れるという人はたくさんいます。

気難しい人。

・すぐに怒る大御所。

・やる気のないアイドル。

いろいろな出会いがありそれとまた同時に気疲れしてしまいます。

しかし1番気疲れする相手は動物です。

人間にタレントがいるように実は動物にもタレントがいます。

「動物タレントは人間との訓練がされていて安全です」と言われております。

しかし疑り深い僕は全く信用しておりません。

相手が人間ならばそんなことありませんが動物は言葉が通じません。

動物は空気が読めません。

ある番組でキリンの生態を調べることになりました。

園内に入り飼育員さんに言われました。

「キリンはキック力が凄くてライオンですら蹴っ飛ばされて内臓が破裂して死んでしまいます。」と。

キリンは防衛本能で、自分の足元にいる人間を蹴ってきます。

なので、撮影中は3メートルくらいある岩の上で撮影しました。

キリンの顔よりは低いですが蹴られない高さにいました。

「だから岩から絶対に降りないでください!キリンに蹴り殺されます。」と飼育員さんが耳が痛くなるくらい言ってきました。

撮影が開始しました。

相方と僕の間にキリンが映りコンビでキリンを挟む形で撮影はスタートしました。

するとキリンが塚っちゃんの方に向いたと思った瞬間に事件はおきました。

キリンの小さい角のようなもので僕の体を突いてきたのです。

僕は5、6メートルくらい吹っ飛びました。

首と頭をムチのようにしならせて僕を引っ叩いてきたのです。

それを見た飼育員さんは驚きと恐怖と共にラッキーと思ったらしいのです。

キリンが人間にそんな行動をしたのを見たのは25年勤めてきて初めてだそうです。

飼育員さんはなんなら少し喜んでいるように見えたくらいです。

その後もロケは続き岩の上で待機しておりました。

機材トラブルにより岩の上で待機していました。

その時僕はたまたま岩の端っこに座っていました。

すると僕のリュックを誰かが下に引っ張りました。

後ろを振り返ってみました。

キリンです。

なんとキリンが僕の背負っているリュックを口でくわえて、僕の体ごと下ろそうとしていたのです。

相方の塚っちゃんが岩から落ちて行く僕の手を「パシッ」とつかみ上に引き上げてくれました。

相方にはお金の面だけではなく本当に命も救ってもらえました。

動物の出会いには気を張らなければなりません。

ある動物番組に出た時の話です。

ラクダがスタジオに来ました。

そのラクダにあるアイドルが乗って、そのあとある女芸人さんがまた乗りました。
そして最後に僕が乗りました。

ラクダが暴れてスタジオが大混乱に陥りました。

僕は振りほどかれないようにとにかくコブに掴まりました。

ラクダは僕にだけは乗ってほしくなかったのか暴れまわって危険がないようにスタジオのお客様からMCからみんな僕を置いて逃げました。

番組もその回はお蔵入りとなり放送されませんでした。

ある番組で人懐っこいライオンがいるということで韓国に向かいました。

檻に入りまずは相方が撫でました。ライオンはチラッと相方を見て寝ました。

次はある格闘家が檻に入りライオンを撫でました。

ライオンはまたチラッとその格闘家を見てまた寝ました。

次は僕の番です。

檻に入りライオンを撫でました。

ライオンは僕をチラッと見ました。

すると起き上がり近くにあった階段に登り姿が見えなくなりました。

どうしたのかな?と思いました。

次の瞬間飼育員さんが大声で「檻から出ろー!」と言いました。

僕が階段を見上げるとライオンが身をかがめ、僕にロックオンしているのがわかりました。

ライオンは僕を食べようと思っていたのです。

ライオンに聞いてみないとわかりませんが。

出会いがあると気を使うのは仕方ありません。

動物は特に。

その後も順調にロバに全体重を乗せられせたりタヌキに噛み付かれたり鷹に目を突かれそうになったり何か動物がいつもと違う行動をしてしまうらしいのです。

全部人間になれたタレント動物でもそうなのです。

僕はもしかしたら呪われてるのかもしれないと思い霊媒師さんの所へいきました。

「僕は何かとりつかれたりしているんですか?」と聞きました。

霊媒師さんは何かを憑依させ僕に語りかけました。

「あなたの背後霊が良くない」と言われました。

僕の背後霊を見てもらいました。

すると僕の背後霊は、右肩にどうやら歯の抜けたお爺さんが付いているそうです。

その霊媒師さんに何かを訴えていたそうなんですが、歯がないのでわからなかったらしいです。

そして左肩についてる背後霊を聞くと衝撃を受けました。

「カナブンがついている」言われました。

結局霊媒師さんに「動物達は何を伝えたいかはわかりません。」と言われ、

さらに「しかしわかることがあります。身の危険が迫った時は気をつけてください。」と当たり前のことを言われました。

結局何が言いたいかと言いますと緊張をほぐすために笑うといいです。

疲れを癒すには笑うといいです。

それまでの話全く関係ありませんが、いろんな人に会う時は愛想笑いでもいいので笑って下さい。

ほとんどの人は愛想笑いかどうかなんて気がつきません。

動物に限らず人付き合いは疲れます。
ぼくは疲れてストレスが溜まるとよく胃が荒れます。
そんな時、ぼくはガスター10を飲んでます。

アドバイスのまとめ

いろんな人と会うときは、まず愛想笑いで緊張をほぐしましょう。愛想笑いだなんてほとんど気が付かれませんよ。

ドランクドラゴン 鈴木 拓

PROFILE

ドランクドラゴン鈴木 拓
日本のお笑い芸人。神奈川県 綾瀬市育ち。お笑いコンビドランクドラゴンのツッコミ担当。相方は塚地武雅。プロダクション人力舎所属。ツッコミ担当だが天然ボケの部分がある。代表番組は『GOD ENGINE(MX)』、『ドランクドラゴンのバカ売れ研究所!(BS TwellV)』など。著書の『クズころがし』は各方面で話題となっている。
  • カメラマン 瀬谷壮士
  • 更新日 2016.05.13

この記事をシェア