賢者の仕事、賢者の健康

Vol.2脳がちゃんとしてないと、人生はうまくいかないんです。
脳科学者澤口俊之先生 インタビュー(後編)

今回の賢者

PROFILE
脳科学者澤口俊之

1959年、東京都葛飾区生まれ、東京都立両国高等学校卒業、北海道大学理学部生物学科卒業、京都大学大学院理学研究科動物学専攻博士課程修了。久保田競門下で1987年に京都大学理学博士の学位を取得。高次脳機能、特に前頭連合野の研究を専門とする日本の認知神経科学者。脳構造の最小単位を複数の神経細胞の集まったコラムとし、コラムや複数のコラムが集まったモジュール及び複数のモジュールが集まったフレームといった概念で脳内構造が能力因子と対応すると説明した多重フレームモデルなどで知られる。著作に加え、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)等のメディア出演など、精力的に活動中。最新著書は『発達障害の改善と予防』(小学館)。仕事と脳の関係性については『脳を鍛えれば仕事はうまくいく』(宝島社)を発表。
>公式サイト

各界の一線で活躍するキーパーソンが、「仕事と健康」について語る「賢者の仕事、賢者の健康」。今回は脳科学者の澤口俊之氏へのインタビュー後編です。三度のメシより研究が好き。そんな澤口先生が、なぜテレビ出演や講演活動といった仕事にも力を入れるようになったのでしょう? 澤口流の「面白く仕事をする秘訣」を聞いてみました。
(聞き手:河尻亨一)

脳はむやみに活性化すればいいというものではありません。

− 脳の健康にいいのは「@有酸素運動」「A仕事で頭を使うこと」「Bバランスの取れた食事」、この3つが基本鉄則というお話でしたが(前編)、仕事のモチベーションを上げるためには、クリエイティビティや好奇心も大切だとおっしゃっていました。そのあたりをもう少しお聞かせいただきたいのですが。

澤口(俊之氏 ※以下、澤口)クリエイティビティに関しては、前頭前野との関係性が以前から証明されています。先ほどもお話したように、脳というのはそれぞれの領域のネットワークで機能しますから、もちろん前頭前野だけではないのですが、そこがうまく働かない方というのは、人真似ばかりすることがわかっています。主体性も乏しくなります。

クリエイティビティの向上に関しても色んな研究がありますよ。一昨年発表されたものだと、創造性を伸ばすもっとも簡単で省エネな方法論は「歩くこと」だっていう論文もありました。ピアノの演奏がいいっていうのもよく言われます。実際ピアノの即興演奏中の脳を見ると、様々な場所がダイナミックに活動していることがわかります。

「創造」と言うとよく右脳と言うじゃないですか? そんなのはデタラメでして、左脳もちゃんと活動しています。興味深いのは、ピアノ演奏によって活性化する場所があると同時に抑制される場所もあるということ。これは大事な点でして、脳というのは「活動と抑制」のバランスで動くんです。むやみに活性化すればいいというものではありません。

もちろん高齢者においては、脳に流入する血液が減ってしまっていますから、活性化は大切ではあるんですが、そうでない方の場合、活動と抑制のバランスを取ることで脳は効率的に動きます。いわゆる「頭がいい」というのは、そのバランスが取れていることによって、余分なエネルギーを消耗することなく脳が動く状態です。

この記事をシェア