賢者の仕事、賢者の健康

Vol.4サッカー選手は「サッカーやるだけじゃダメだな」って思ってます
中村憲剛氏 インタビュー(後編)

今回の賢者

PROFILE
サッカー選手中村憲剛

1980年10月31日生まれ。中央大学を卒業後、2003年から川崎フロンターレに加入。高い戦術眼と正確な技術でゲームをコントロールする国内屈指のゲームメーカー。06年に初めて日本代表に選出され、10年には南アフリカW杯出場。Jリーグ優秀選手賞11回受賞。J1通算350試合出場を達成。(16年4月24日時点)
現在、挑戦の日々と生きざまを描いたノンフィクション書籍『残心 Jリーガー中村憲剛の挑戦と挫折の1700日』(講談社)が絶賛発売中。
>公式サイト

各界の一線で活躍するキーパーソンが、「仕事と健康」について語る「賢者の仕事、賢者の健康」。今回のゲストは川崎フロンターレの中村憲剛選手。インタビュー後編では、中村さんの健康管理についてのお話やリフレッシュの方法、支えてくれるサポーターへの思いについてもうかがってみました。
(聞き手:河尻亨一)

体調維持に関しては自分にとっての普通を普通にやってます

前半では主に仕事哲学と言いますか、中村さんのサッカーに対する向き合い方といったお話をうかがってきました。さすがと思わせられる“名言のシュート”も出ましたね。ここからは体調コントロールやカラダ作りのお話も聞いてみたいです。

中村(憲剛氏 ※以下、中村)結局さっきの話とつながって来るんですけど、まずは試してみてうまくいかないならまた変えるということの連続ですよね。筋トレやサプリメント、食事や睡眠の仕方など自分のパフォーマンスを上げるためによさそうなことは、色んなものをトライしてきましたけど、全部が全部うまくいったわけじゃないですから。

− アスリートの栄養管理はなかなかストイックなのでは? というイメージもあるのですが。

中村どうなんですかね? 人によって色んな考え方や方法があると思いますけど、僕は食事に関してはあまり規制しないというか。

もう35歳ですから、さぞかし節制に節制を重ねてるというイメージを持たれるかもしれないですけど、それはまったくないというか無理はしてないです。自分にとって普通のことを普通にやってるだけで。

しいて言うなら、生ものや揚げ物は極力食べ過ぎないようにというか、あまり食べないですね。シーズン中は特に。そもそも、そんなに好きじゃないというのもあるんですけど。考えてみると、食にそこまでのこだわりがあまりないというか。

もちろん体質もあると思うんです。僕の場合、多少食べたところで太らないので、それほど体重は気にしないですし、ちょっと走れば落ちるから。そういう意味では、「これ食べたいけど食べちゃダメ」っていうほうが逆にストレスになっちゃう気がしますね。

− 以前この連載で、脳科学者の澤口俊之先生にインタビューした際、「健康な脳はからだが必要とする食べ物を自然にわかっている」というお話があったのですが、中村さんもそこは自然体なのかな? と。

中村ありますもんね? 急に甘いものが食べたくなるとか(笑)。そういうのもカラダが言ってるのかもしれない。

この記事をシェア