アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の対策

3.アトピー性皮膚炎になったらどうする?

アトピー性皮膚炎の治療では「くすりによる治療」「スキンケア」「悪化因子への対策」の3つがポイントです。症状は人によってさまざまですので、アトピー性皮膚炎の発症が疑わしい場合は、専門医を受診しましょう。セルフケアでは皮膚の清潔と保湿が大切です。

  • 医療機関での受診をおすすめする場合と、セルフケアできる場合

    • 医療機関での受診をおすすめする場合

      アトピー性皮膚炎は、早期に正しく診断し、治療をおこなうことが重要な病気です。以下のような症状がみられる場合、まずは専門医を受診しましょう。
      症状は個人により異なりますので、自己判断はせず、医師の判断を仰ぐことが大切です。

      • 強いかゆみを伴う湿疹が長く続く
      • 皮膚がカサカサしている
      • よくなっては再発する、ということを繰り返す
      • 耳や顔、首、わきの下、ひじ、ひざ、ももの付け根などに湿疹がみられる
      • 家族がアレルギー疾患を持っている
      セルフケアできる場合

      症状が軽く、原因がわかっている場合や、受診して専門医から家庭でのケアをアドバイスされた場合などは、スキンケアや悪化因子への対策を続けながら様子をみましょう。

  • 治療の3大ポイントは「薬物療法」「スキンケア」「悪化因子への対策」

    • 症状の改善と悪化予防のためにくすりを上手に使う

      アトピー性皮膚炎の症状があらわれるときは、アレルゲンやストレスなど、いくつもの原因が積み重なり、それによって「皮膚のバリア機能」という堤防が決壊した状態といえます。そのため、まずは皮膚の炎症をおさえ、症状を改善するために、適切なくすりを使用した治療をおこなうことが大切です。
      くすりを使いながら、同時にスキンケアや原因の除去を心がけ、よい状態をキープしましょう。

      アトピー性皮膚炎の症状が現れる時

      アトピー性皮膚炎の治療に使われるくすりは、過剰な免疫反応をおさえ、炎症を鎮める作用のあるステロイド薬や、非ステロイド性抗炎症薬、免疫抑制薬(タクロリムス外用剤)が主に使用されます。ステロイド薬は、効きめの強さに応じて5つのランクに分類されています。(詳しくは「湿疹・かぶれ」対策ページを参照)
      どのくすりを、どの程度使うかについては、症状や部位などによって異なりますが、最初は1日数回使い、症状が改善するにつれ、1日おき、3日おきなどと少しずつ量を減らし(間欠塗布)、最後にはくすりではなく保湿剤に移行させるという進め方が基本です。
      外用薬と一緒に過剰なアレルギー反応を抑制する抗ヒスタミン剤を処方されることもあるでしょう。医師の診断による、症状のレベルにあわせたくすりを使用した治療は、アトピー性皮膚炎にとって負のスパイラルの原因にもなる「掻く」行為を軽減させるため、不可欠です。
      主治医に相談して、くすりや治療法の正しい知識を取り入れることで、症状の改善を早めましょう。

      洗浄で悪化因子を除き、保湿でよい状態をキープ

      皮膚のバリアを傷つける刺激を減らし、刺激に負けないバリア機能を備えた皮膚へ導くのがスキンケア(主に清潔と保湿)の役目です。
      私たちの皮膚には、もともと常在菌といって、さまざまな菌が存在します。健康な皮膚は弱酸性で、それらの菌がバランスよく存在する環境を保っていますが、アトピー性皮膚炎の皮膚はややアルカリ性に傾きやすく、抵抗力、殺菌力が弱まっている状態です。そのため、黄色ブドウ球菌が健康な皮膚に比べて多く存在します。この「黄色ブドウ球菌」という細菌が出す毒素がアトピー性皮膚炎を悪化させることがわかっています。
      乾燥が気になっているときであっても、からだを洗って汗などを洗い落とし、炎症を悪化させる「黄色ブドウ球菌」が増えるのを防ぐことが大切です。
      また、バリア機能が低下した皮膚には保湿剤も不可欠です。入浴後、なるべく時間をあけずに保湿剤を塗りましょう。
      洗い方、保湿のしかたなどについては、予防のページをご参照ください。

  • その他、アトピー性皮膚炎のセルフケア

    • ストレスをためないことも大切

      ストレスも、アトピー性皮膚炎を悪化させる要因になるといわれています。人目が気になったり、お化粧ができなかったり、症状の悪化によるストレスで気持ちが塞ぐこともあるかもしれません。アレルゲンの除去は重要ですが、あまりにも生活のなかで制限をかけることで、イライラや不安の原因になってはいけません。
      アトピー性皮膚炎は、「どう付き合っていくか」の意識が非常に重要です。当たり前のことですが、栄養バランスのよい食事をする、早寝早起きの規則正しい生活を心がける、ストレス発散方法を見つけるなど、心身の健康を心がけ、自律神経や免疫機能のバランスを整えるようにしましょう。 お化粧が思うようにできないときは、明るい色の服を選ぶこともオススメです。気分が明るくなるだけでなく、黒や紺の服よりも、掻いたときの皮膚が落ちても目立ちにくいのもうれしいポイントです。
      また、気持ちのよい清潔な室内を保つ努力は、インテリアに興味が生まれたり、収納上手になれたり、生活を豊かにするきっかけになるかもしれません。

      かゆみをおさえるための工夫

      「掻かないように」といわれても、「気持ちの強さだけでは我慢できないレベルのかゆみ」がアトピー性皮膚炎の特徴ともいえます。くすりを服用、塗布してもかゆみがつらいときは、冷たい水で洗ってからくすりを塗ったり、凍らせた保冷剤や冷たいタオルなどで冷やしたりすると、かゆみがやわらぐこともあるようです。また、寝ている間の対策としては、なるべく室温を一定にキープするのが理想です。爪は短く、丸みがつくようにやすりで整えておきましょう。
      服やシーツを汚してしまうこともあるかもしれませんが、まめに洗濯がしやすく肌への刺激も少ない綿素材を選ぶのもよいでしょう。 
      睡眠中に掻くことで寝不足になりやすいため、早めの就寝を心がけることも大切です。

      無理をせず、明るい気持ちで、アトピー性皮膚炎と付き合っていく自分なりの工夫を心がけたいですね。

アトピー性皮膚炎の対策ページ上部へ

第一三共ヘルスケアのアトピー性皮膚炎の対策ページです。アトピー性皮膚炎の症状が出た時のセルフケア方法、薬の選び方や注意点など、アトピー性皮膚炎の対策に関する情報を掲載しています。