胃もたれ

胃もたれの予防

2.予防するには?

胃はとてもデリケートな器官です。胃もたれなど不快な症状を予防するためには、ストレスをためない、食生活に気をつけるなど、ライフスタイルを見直すことが大切です。

  • ストレスが胃の働きを低下させる?

    • 内臓の働きは、自律神経系の交感神経と副交感神経の働きによってコントロールされています。一般的に、交感神経は内臓の働きを抑え、副交感神経は内臓の働きを活発にしますが、ストレスが長く続くと、これらの神経のバランスが乱れてしまいます。
      副交感神経の働きが優位になりすぎると、胃の働きが活発になって胃酸が過剰に分泌され、胃痛の症状が起こります。一方で、交感神経が活発になりすぎると、胃の粘膜を保護する粘液の分泌量が減ったり、胃のぜん動運動や消化する力が低下したりすることで、胃もたれの症状が起こるのです。

  • ストレスから胃を守り、ライフスタイルを見直して予防を

    • ストレスをためず、なるべくリラックス

      ストレスは胃の大敵。胃もたれを予防するためには、食生活に気をつけることに加え、ストレスをためない心がけも大切です。思い当たる原因がある場合、まずは改善を心がけ、なるべく毎日リラックスして過ごすようにしましょう。
      睡眠不足や不規則な生活が、知らず知らずのうちにストレスの原因になっていることも。十分な睡眠、適度な運動など、規則正しくメリハリのある生活をおくりましょう。

      胃にやさしい食生活を心がけましょう

      胃もたれの予防には、胃に負担をかけない食生活も欠かせません。以下の点に注意し、胃にやさしい食事をとりましょう。

      暴飲暴食を避け、腹八分目の「ほどほど」に
      食べ過ぎ、飲み過ぎは胃に大きな負担をかけます。苦しくなるほど食べることはやめ、腹八分目の「ほどほど」に留めましょう。
      消化の良いものをよくかんで、ゆっくり食べて
      脂っこい食べ物は消化に時間がかかり、長く胃に留まるため胃もたれの原因に。なるべく消化の良いものをとるようにし、やわらかく煮込むなど、食べ方も工夫しましょう。急いで食べると満腹感を得る前に食べ過ぎてしまうため、ゆっくり食べることも大切です。よくかむことは消化の助けにもなります。
      お酒の飲み過ぎや喫煙は避けて
      大量のアルコールやたばこは胃の運動機能を低下させる原因にもなります。適度なアルコールは食欲を増進しますが、飲み過ぎには注意しましょう。
      刺激物は控えめに
      香辛料を多く使った辛い料理、味の濃すぎる料理、炭酸飲料、コーヒーなどの刺激物、極端に熱いもの、冷たいものは胃に負担をかけるため、なるべく控えましょう。

      胃にやさしい生活

胃もたれの予防ページ上部へ

第一三共ヘルスケアの胃もたれの予防ページです。ストレスが胃に及ぼす影響や、食生活の改善など、胃もたれに対する「予防法」をご紹介します。