メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームの予防

2.予防するには?

メタボリックシンドロームのベースとなる内臓脂肪型肥満を、原因となっている「食べ過ぎ」や「運動不足」などの、不健康な生活習慣を改善して解消しましょう。内臓脂肪は皮下脂肪と比べて、たまりやすい反面、減りやすいものです。

  • 生活習慣をチェックしてみましょう

    • 生活習慣チェック

  • 運動を習慣づける

    • 運動を行うことで、消費エネルギーが増えて身体機能が活性化し、それにより糖質や脂質が多く消費され、内臓脂肪も減りやすくなります。継続することで、生活習慣病の予防につながります。

      <1週間の運動例>
      • 20分程度のウォーキング → 通勤時の往復を利用し1日40分×5日
      • 20分程度の散歩 → 昼休み×5日
      • 30分程度の軽いジョギング → 週3日

      通勤時やランチタイムなどの細かい運動に、週3回のジョギングを入れるだけでも充分な運動になります。
      運動が苦手な方は、子供と外で遊ぶ、エスカレーターを使わずに階段を使う、週末はガーデニングをするなど、身近なことから始めてみましょう。

  • 食生活を改善する

    • 食べ過ぎは肥満を招きます。自分の年齢や活動量に合った分量を知り、間食やお酒のカロリーも計算に入れて、バランスの取れた適切な量の食事を心がけましょう。
      食事をする時間や食べ方などでも変わります。上のチェック項目に当てはまる習慣があれば改善しましょう。

      1日の食事量目安

  • 禁煙する

    • 習慣的な喫煙は、がんにかかりやすくするだけでなく、脂肪の蓄積を促進し、動脈硬化を進行させます。
      また、脳卒中や心筋梗塞のリスクを高める原因にもなります。メタボリックシンドロームをはじめさまざまな生活習慣病を防ぐために、禁煙を実行しましょう。

  • 健康診断を定期的に受ける

    • 健康診断を定期的に受け、腹囲、血清脂質、血圧、血糖値が基準を超えないようにチェックすることも大切です。基準を超えたときは放置せず早く対処しましょう。

メタボリックシンドロームの予防ページ上部へ

第一三共ヘルスケアのメタボリックシンドロームの予防ページです。生活習慣の見直しや食生活の改善など、メタボリックシンドロームに対する「予防法」をご紹介します。