稲庭うどん 梅だれ

おなかをこわした時に

稲庭うどん 梅だれ

消化酵素を含む長いもが胃腸の働きを助けます。梅干しに含まれるクエン酸は、胃腸の働きを活発にし、ここちよい酸味が食欲回復に役立ちます。

ジャンル

和食

調理方法

ゆでる

調理時間

10〜20分

オススメワンポイント

うどんは症状に合わせて茹で加減を調節し、長いもはすりおろしてもいいでしょう。青じそは切った後、サッと水にさらすと緑色をきれいに保てます。

材料(4人分)

稲庭うどん 320g
長いも 240g
青じそ 12枚
だし汁 3・1/5カップ
濃口しょうゆ 110cc
みりん 220cc
梅肉 120g

調理方法

(1)稲庭うどんは熱湯で茹で、冷水に取って水気を切り、器に分けます。
(2)長いもは5cm長さの細切りにし、(1)の器に分け入れ、うどんとからめておきます。
(3)青じそは千切りにします。
(4)だし汁に濃口しょうゆとみりんを加えて煮立て、冷ましてから梅肉と合わせて冷やします。
(5)(2)のうどんと長いもに(4)のだし汁をかけ、(3)の青じそを天盛りします。

栄養価(1人分換算)

エネルギー 426 kcal タンパク質 10.4 g 脂質 1.1 g 炭水化物 91.2 g
カルシウム 53 mg リン 132 mg 鉄 1.3 mg ナトリウム 4308 mg
カリウム 620 mg マグネシウム 52 mg 亜鉛 0.7 mg 銅 0.18 mg
ビタミンA 28 μg ビタミンE 0.5 mg ビタミンD 0 μg ビタミンB1 0.15 mg
ビタミンB2 0.09 mg ナイアシン 2.4 mg ビタミンC 4 mg コレステロール 0 mg
塩分 11 g 水分 224.9 g 灰分 12.6 g レチノール 0 μg
カロテン 347 μg 食物繊維 3.5 g マンガン 0.52 mg ビタミンK 21 μg
ビタミンB6 0.15 mg ビタミンB12 0.4 μg 葉酸 23 μg パントテン酸 0.92 mg
飽和脂肪酸 0.22 mg 一価不飽和脂肪酸 0.09 mg 多価不飽和脂肪酸 0.5 mg