鯛のかぶら蒸し・わさびあんかけ

風邪の対策・予防に

鯛のかぶら蒸し・わさびあんかけ

鯛には、ビタミンB1、B2のほか骨を強くするために不可欠なビタミンDが含まれています。また、あんかけ料理は体を温めてくれます。

ジャンル

和食

調理方法

蒸す

調理時間

30分〜60分

オススメワンポイント

とろみをつけるときは、必ず沸騰しているところへ水溶き片栗粉を混ぜながら入れましょう。こうするとダマになるのを防ぐことができます。

材料(4人分)

鯛(切り身) 80g×4切れ
(鯛の下味)
・酒 大さじ2
・塩 小さじ1/3
かぶ 300g
しめじ 1/2パック
かまぼこ 1/4本
卵白 2個分
(わさびあん)
・だし汁 カップ2
・塩 小さじ1/2
・薄口しょうゆ 小さじ2
・みりん 小さじ2
・酒 小さじ2
(水溶き片栗粉(片栗粉1:1水))
・片栗粉 大さじ1
・水 大さじ1
わさび 小さじ1
三つ葉 3本
塩 小さじ1/3

調理方法

(1)鯛は一人前(80g)を半分に切ります。酒、塩をふりかけて15分おき、下味をつけます。サッと蒸して表面をかため汁気をキッチンペーパーでとります。
(2)かぶは皮をむいておろし金ですりおろします。ザルにとり、自然に水気をきります。しめじは小房にほぐしておきます。かまぼこは斜めに形よく切ります。三つ葉は2p長さに切ります。
(3)きれいなボウルに卵白を入れ、かるく泡立てます。おろしたかぶ、しめじ、かまぼこを加えて合わせ、塩小さじ1/3(分量外)で味をつけます。
(4)蒸し椀(なければやや浅い椀)に(1)の鯛を真ん中に盛り、(3)をたっぷりかけます。蒸気の上がった蒸し器で7分蒸します。途中三つ葉を散らします。
(5)鍋にだし汁を入れて煮立て、塩、薄口しょうゆ、みりん、酒で味をつけます。
(6)(5)の鍋が必ず沸騰しているところに混ぜながら水溶き片栗粉でとろみをつけます。
(7)わさびを溶き込みます。
(8)(4)のかぶ蒸しに(7)のわさびあんをたっぷりかけます。

栄養価(1人分換算)

エネルギー 233 kcal タンパク質 21.3 g 脂質 8.9 g 炭水化物 12.6 g
カルシウム 34 mg リン 245 mg 鉄 0.6 mg ナトリウム 733 mg
カリウム 710 mg マグネシウム 43 mg 亜鉛 0.6 mg 銅 0.08 mg
ビタミンA 9 μg ビタミンE 1.9 mg ビタミンD 6.9 μg ビタミンB1 0.31 mg
ビタミンB2 0.22 mg ナイアシン 6.5 mg ビタミンC 15 mg コレステロール 59 mg
塩分 1.8 g 水分 260.9 g 灰分 3.5 g レチノール 9 μg
カロテン 7 μg 食物繊維 1.3 g マンガン 0.08 mg ビタミンK 1 μg
ビタミンB6 0.39 mg ビタミンB12 1.4 μg 葉酸 42 μg パントテン酸 1.54 mg
飽和脂肪酸 2.08 mg 一価不飽和脂肪酸 2.5 mg 多価不飽和脂肪酸 2.26 mg