サバの梅煮

コレステロール対策に

サバの梅煮

サバには血流を良くするといわれるDHA、EPAという脂肪酸が多く含まれています。生活習慣病対策にも注目されており動脈硬化や脂質異常症の予防や改善にも役立ちます。

ジャンル

和食

調理方法

煮る

調理時間

20〜30分

オススメワンポイント

背の青い魚は独特の臭いがありますので、熱湯をかけてから煮るのがポイントです。みそ煮にしても美味しいです。

材料(4人分)

さば(切り身) 80g×4切れ
春菊 1/2束
しょうが 15g
酒 大さじ2
塩 小さじ1/2
梅干し 2個
(煮汁)
・だし汁 カップ1
・酒 カップ1/2
・みりん 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ3

調理方法

(1)さばをバットに並べ、薄く塩をふり、酒をまぶして15分ほどおきます。さばをザルにのせ、熱湯をかけて臭みをとります。キッチンペーパーにてしっかり水気をとっておきます。
(2)春菊はサッとゆで、水にとって冷やします。しっかり水気をしぼっておきます。しょうがは千切りにします。梅干しは種をとりのぞき、粗く刻んでおきます。
(3)煮汁を作ります。鍋に酒を入れて煮きり、残りの調味料を加えます。ひと煮立ちしたらさばを入れます。
(4)刻んだ梅の半量を入れ、落としぶたをして中火で10分煮ます。
(5)器にさばを盛りつけ、ゆでた春菊を添えます。鍋に残った煮汁を少し煮詰めます。残りの梅干しを加えます。
(6)(4)の煮汁をたっぷりかけ、針生姜を飾ります。

栄養価(1人分換算)

エネルギー 257 kcal タンパク質 18.7 g 脂質 9.8 g 炭水化物 13.5 g
カルシウム 44 mg リン 229 mg 鉄 1.6 mg ナトリウム 1218 mg
カリウム 451 mg マグネシウム 44 mg 亜鉛 1 mg 銅 0.11 mg
ビタミンA 113 μg ビタミンE 1.2 mg ビタミンD 8.8 μg ビタミンB1 0.16 mg
ビタミンB2 0.29 mg ナイアシン 9.4 mg ビタミンC 5 mg コレステロール 51 mg
塩分 3.2 g 水分 170.4 g 灰分 4.2 g レチノール 19 μg
カロテン 1114 μg 食物繊維 0.9 g マンガン 0.32 mg ビタミンK 66 μg
ビタミンB6 0.5 mg ビタミンB12 8.7 μg 葉酸 61 μg パントテン酸 0.77 mg
飽和脂肪酸 2.64 mg 一価不飽和脂肪酸 2.9 mg 多価不飽和脂肪酸 1.55 mg