巻き寿司

子どもと一緒に作れるレシピ

巻き寿司

すし飯の米飯をはじめ、高野豆腐のたんぱく質、野菜のビタミンがバランスよく摂取できます。具をかえるといろんな味が楽しめます。

ジャンル

和食

調理方法

煮る,炊く

調理時間

60分以上

オススメワンポイント

巻き寿司の具に、これといった決まりはありません。ご家庭ならではの巻き寿司を楽しんでください。

材料(4人分)

〈すしめし〉
米 2合
・昆布(5cm角) 1枚
・酒 大さじ2/3
〈合わせ酢〉
・酢 50ml
・砂糖 20g
・塩 小さじ1
・うま味調味料 少々
浅草ノリ 3枚
〈カンピョウの含め煮〉
・カンピョウ 15g
・だし汁 カップ1
・砂糖 大さじ2
・うすくちしょうゆ 大さじ2
〈シイタケの旨煮〉
・干しシイタケ 6枚
・もどし汁 カップ3/4
・砂糖 大さじ2
・しょうゆ 大さじ1・1/2
〈高野豆腐の旨煮〉
・高野豆腐 2コ
・だし汁 カップ1・1/2
・砂糖 大さじ4・1/2
・塩 小さじ1/3
・うすくちしょうゆ 大さじ1・1/2
ミツバ 1束
甘酢しょうが 適量
大葉 適量

調理方法

(1)米は炊飯器に入れ、水加減し昆布を入れて約1時間おきます。炊く直前に昆布を取り出し酒を加えて再び水加減して炊きます。
(2)合わせ酢の調味料は早めに合わせておきます。
(3)炊きたてのご飯を飯切りに移し、(2)の合わせ酢を木じゃくしに受けながら全体にかけます。
(4)合わせ酢が全体になじむように混ぜます。
(5)ウチワであおいで冷まし、ツヤを出します。
<カンピョウの含め煮を作ります。>
(6)カンピョウはたっぷりの水でホコリを洗い流します。水気を切り、塩をふって手で軽くもみます。柔らかくなれば、水洗いし、熱湯でゆでて完全にもどします。
(7)鍋にだし汁を入れ煮立て(6)のカンピョウを入れ、砂糖を加えて、中火で約10分間煮ます。
(8)うすくちしょうゆを加え、汁気がなくなる寸前まで弱火で煮ます。
<シイタケの旨煮を作ります。>
(9)干しシイタケはもどします。
(10)鍋にもどし汁と(9)のシイタケ・砂糖・しょうゆを入れ、ひと煮立ちすれば、弱火にして、煮汁がほとんどなくなるまで、ゆっくりと煮含め、細切りにします。
<高野豆腐の旨煮を作ります。>
(11)高野豆腐はぬるま湯につけてもどします。
(12)鍋にだし汁、砂糖、塩、うすくちしょうゆを合わせ、(11)の高野豆腐を煮て2枚にそぎ、さらに、タテに4等分にします。
(13)ミツバは根を切りサッとゆでます。
(14)浅草ノリはサッとあぶります。
(15)巻きすに(14)をのせ、すしめしの1/3量を広げます。
(16)すしめしの中央に、軽く水気を切ったカンピョウ、シイタケ、高野豆腐、ミツバをのせて巻き、巻き終わりを下にしておきます。これを3本作ります。
(17)1本を8つに切り、紅しょうが・大葉を添えて器に盛ります。

栄養価(1人分換算)

エネルギー 453 kcal タンパク質 12.3 g 脂質 3.6 g 炭水化物 93.2 g
カルシウム 98 mg リン 228 mg 鉄 2 mg ナトリウム 2205 mg
カリウム 495 mg マグネシウム 73 mg 亜鉛 1.9 mg 銅 0.27 mg
ビタミンA 72 μg ビタミンE 0.4 mg ビタミンD 0.5 μg ビタミンB1 0.12 mg
ビタミンB2 0.18 mg ナイアシン 3.5 mg ビタミンC 6 mg コレステロール 0 mg
塩分 5.6 g 水分 210.4 g 灰分 7.2 g レチノール 0 μg
カロテン 858 μg 食物繊維 4.5 g マンガン 1.2 mg ビタミンK 31 μg
ビタミンB6 0.18 mg ビタミンB12 1.7 μg 葉酸 80 μg パントテン酸 1.21 mg
飽和脂肪酸 0.71 mg 一価不飽和脂肪酸 0.69 mg 多価不飽和脂肪酸 1.63 mg