からだの常識Qテーマ「インフルエンザ:(予防)」解答B

「インフルエンザ:(予防)」

Q2.インフルエンザの予防接種

約5ヶ月○

正解!インフルエンザワクチンの効果が続くのは約5ヶ月です。ワクチンを接種してから抗体がつくられるまでに約2週間かかるので、ワクチンの効果があるのは接種後2週間〜5ヶ月程度です。インフルエンザが流行するのは、毎年12月から翌年の3月ごろまでなので、流行時期を迎える前に、早めに接種しておきましょう。

では、その他にインフルエンザ予防はどのようなものがあるでしょうか?

インフルエンザ予防クイズ解答B|からだの常識Q|くすりと健康の情報局

「インフルエンザ」の予防クイズ、解答Bページです。