からだの常識Qテーマ「メタボリックシンドローム:(対策)」解答B

「メタボリックシンドローム:(対策)」

Q3.コレステロールが増えすぎると

骨が弱くなる×

正解はAの「動脈硬化を招く」。血液中のコレステロール値が増えすぎると、動脈硬化を引き起こす危険があります。「ソイステロール」や「パンテチン」などの成分は、コレステロールを低下させる働きがあり、それらを配合した医薬品もあります。

ソイステロールやパンテチンなどの成分は、どのようにしてコレステロール値を低下させるのでしょう。また、メタボリックシンドロームへの対処の助けとしてどのような薬があるのでしょうか。

メタボリックシンドローム対策クイズ解答B|からだの常識Q|くすりと健康の情報局

「メタボリックシンドローム」の対策クイズ、解答Bページです。