からだの常識Qテーマ「メタボリックシンドローム:(原因)」解答B

「メタボリックシンドローム:(原因)」

Q1.腹囲を測って何を検査?

皮下脂肪の量を見ている×

正解はAの「内臓脂肪の量を見ている」。メタボリックシンドロームとは「内臓脂肪症候群」とも呼ばれ、検査では、内臓脂肪の蓄積量などを見ます。診断には腹囲が目安になり、現在では男性で85cm以上、女性では90cm以上だと内臓脂肪面積100p2以上に相当するとしてメタボリックシンドロームの診断基準とされています。

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪蓄積のほかにどのような項目が確認されて診断されるのでしょうか。

メタボリックシンドローム原因クイズ解答B|からだの常識Q|くすりと健康の情報局

「メタボリックシンドローム」の原因クイズ、解答Bページです。