くすりの飲み方|今さら聞けないくすりの効き方|第一三共ヘルスケア

くすりの飲み方 くすりの飲み方で、効き目が変わるの?

とある青年

くすりって、普通は食事の後に飲むものでしょう?

先生

くすりは食後に飲む、と決まっているわけではありません。
病気や症状に合わせ、そのくすりの効き目がもっとも適切に発揮できるように飲み方が決められているのです。

飲み方を守らないと、せっかく飲んでも効果が十分に出ないことがありますよ。
もちろんOTC医薬品も、飲み方を守り、適切な量を飲むことが大切です。

・食後(食事の約30分後)

食後に飲むと胃に刺激が少なくなります。
そして食事のたびに飲むと決めておくと、飲み忘れが比較的少ないこともメリットです。

・食前(食事の約30分前)
・食間(食事と食事の間の空腹時で、目安は食後の約2〜3時間後)

空腹時に飲む方が、吸収されやすいくすりは食前や食間に飲みます。
漢方薬は、空腹時に飲むと成分が吸収されやすいので、食前か食間に飲むとされていることが多いようです。

・就寝前(寝る前の約30分〜1時間前)

寝る前に飲むくすりには、便秘や睡眠に関するくすりがあります。

・頓服(症状があるとき)

片頭痛のように、症状があるときだけに飲むくすりです。

ワンポイント

くすりの効き目を引き出すために、飲むのに適切なタイミングがある

確かに食後ならくすりを飲むことを忘れにくいかもね。
そうそう、くすりを飲むときお茶や牛乳で飲んでも、かまわないでしょう?