よくあるご質問 トラフル|第一三共ヘルスケア

よくあるご質問

トラフル

  • Q1 塗り薬(もしくは貼り薬)を使用していますが、併用して服用してもいいですか?
    A1. 特に問題はありません。症状がつらい場合や少しでも早く治したい場合には、併用が効果的です。
    塗り薬・貼り薬が苦手な方は寝る前の使用をおすすめします。
    閉じる
  • Q2 いつ服用するのがいいですか?
    A2. 食前、食後に関係なく、口内炎などの症状が現れた時に服用して下さい。トラフル錠は、1日3回服用できます。
    閉じる
  • Q3 子供でも服用していいですか?
    A3. 7歳以上のお子様から服用いただけます。
    閉じる
  • Q4 トラフル錠に入っているトラネキサム酸とは何ですか?
    A4. トラネキサム酸は炎症、痛みを起こす原因物質(プラスミン)の発生を抑える作用があり、口内炎などの痛み、はれなどの症状を改善する成分です。
    閉じる
  • Q5 トラネキサム酸の他には、どのような成分が入っているのですか?
    A5. 生薬の甘草のエキスで炎症やアレルギーを抑える作用があるカンゾウ乾燥エキスや、皮膚や粘膜の機能を正常にする作用があるビタミンB2、B6、Cを配合しています。
    閉じる
  • Q6 かぜ薬と併用しても大丈夫ですか?
    A6. かぜ薬の成分にトラフル錠の成分が重なって入っていなければ併用できますので、成分をよくご確認ください。但し、口内炎や喉の症状、又はかぜの症状が改善したら服用は中止して、併用期間はなるべく短期間にして下さい。
    閉じる
  • Q7 高血圧の薬と併用してもいいですか?
    A7. 本剤には、抗炎症・抗アレルギー作用のある甘草(カンゾウ)エキスが配合されており、ナトリウム貯留など高血圧を起こす可能性がありますので、高血圧の薬を服用している方は服用前に医師又は薬剤師等にご相談ください。
    閉じる
  • Q8 服用すると眠くなりますか?
    A8. 眠気を催す抗ヒスタミン剤(クロルフェニラミンマレイン酸塩など)は配合しておりません。眠くなっては困る方(受験生や機械などを運転操作する人など)にも口内炎やのどの症状に服用いただけます。
    閉じる
  • Q9 服用すると、尿が黄色くなることがありますが、大丈夫ですか?
    A9. トラフル錠に配合されているリボフラビン(ビタミンB2)の一部が尿中に排泄される為ですので、心配ありません。
    閉じる
  • Q10 どれくらいの期間服用してもいいですか?
    A10. 服用期間の目安は5〜7日間です。5〜7日間服用しても症状の改善が見られない場合には、医師又は薬剤師等にご相談下さい。
    閉じる
  • Q11 「トラフル錠」のネーミングの由来を教えてください。
    A11. 不快なお口のトラブル(お口のにごり=濁点)を解消してほしい、という願いをこめて、「トラブル」の濁点をすっきり取り除いてあげることから、「トラフル」と名付けました!
    閉じる
  • Q12 授乳中ですが服用しても大丈夫ですか?
    A12. 使用上の注意にも記載がないように、服用いただけます。
    閉じる
  • Q13 一緒に服用してはいけない薬はありますか?
    A13. トラネキサム酸や甘草(カンゾウ)またはグリチルリチンを含有する内服薬や他のアレルギー用薬は一緒に服用しないで下さい。
    閉じる